新しいカワサキ・Ninja250/400ついに解禁。何もかも変わって緑以外のグラフィックも本気!

新しいカワサキ・Ninja250/400ついに解禁。何もかも変わって緑以外のグラフィックも本気!

新しいカワサキ・Ninja250/400ついに解禁。何もかも変わって緑以外のグラフィックも本気!の画像

250フルカウルの火付け役といえばカワサキ・Ninja250R。今でも免許を取って最初に買うファーストバイクに高確率で名乗りを上げる人気車種。この人気はもはや世界中レベル。

そんなNinja250・400が2度目のモデルチェンジを果たしました!

今回のモデルチェンジでは全面的に変わりましたが、一番わかり易いところでいうとスタイリング。

ヘッドライトの形が変わり、より力強くなりました。トレンドの形をバッチリ押さえた感じですね!

なんと純正でLEDを採用。以前まではカスタムパーツとされていた電装系を純正でつけてくるあたり、現代の最新バイク感満載ですね!

テールランプはNinja ZX-10Rのデザインをモチーフとした形。正三角形でこちらももちろんLED。メーターパネルなんかも豪華になって見やすく、かっこ良くなりました!

カウルの細かな流線なども洗練され、更にアグレッシブなデザインとなった今回のモデル。

実車も見ましたが一世代前の250とは比べ物にならないくらい、よく作られています!若いライダーに向けて「こういうの好きでしょ!」とピンポイントで当ててきたようなカワサキの全力投球感がありますね!

パラツインエンジンも新しくなり、EURO4に対応済み。今回から400ベースの車体に250のエンジンが載っているので乗り味が楽しみなところです。ABSはなんとオプションではなく、全てのグレードに付くことになりました。

Ninjaといえばあれっしょ?あの色っしょ?と言うあなた、今回からもっとたくさんカラーが増えるんですよ!しかも単色ではなく、グラフィックもあってかなりかっこいい。250、400それぞれ別のカラーになってるんです!

■Ninja250キャンディプラズマブルー

■Ninja250レッド×スパークブラック

■Ninja250 KRT Edition

■Ninja400オレンジ×マグネティックグレー

■Ninja400スパークブラック

■Ninja400 KRT Edition

単色は青と黒。赤とオレンジのグラフィックはこれまでにないイメージ。ライムグリーンはKRTエディション限定のカラーとなりました!

発売日は250・400・KRTエディション全て2018年2月1日から。

今回のモデルはかなりガッツリ変わりましたが、最近の各メーカーの動きを見ていると250クラスの豪華レベルはどんどん上がっている気がします。CBR250RRから一気にハードルが跳ね上がり、各社負けないようにとどんどん豪華なパーツをつけて出す流れ。

こっちとしてはかなり嬉しいですよね。発売が待ち遠しいです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】

【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた

【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった

【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!

ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

新しいカワサキ・Ninja250/400ついに解禁。何もかも変わって緑以外のグラフィックも本気!(http://clicccar.com/2018/01/01/543442/)

【関連記事】【MotoGP】来年から見始めても楽しめるように予習しよう、2018年注目すべきライダーは彼らだ!2018年から始まる「YAMAHA ADVANCE DEALER」は現代に合わせて進化したすっごいディーラーらしい確かにスゴイ。ドゥカティ パニガーレV4が世界で最も美しいバイクに選ばれたらしい…