【東京オートサロン2018】カロッツェリアブースでは「ハイレゾ」視聴BOXやVR体験などで車室内の楽しみ方を提案

【東京オートサロン2018】カロッツェリアブースでは「ハイレゾ」視聴BOXやVR体験などで車室内の楽しみ方を提案

【東京オートサロン2018】カロッツェリアブースでは「ハイレゾ」視聴BOXやVR体験などで車室内の楽しみ方を提案の画像

2017年の東京モーターショーでは、コンセプト・コクピットや独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」を披露するなど、自動運転時代に備える最新技術やコンセプトを提案したパイオニア。

2018年の東京オートサロンでは、カロッツェリアによる車内エンターテインメントの世界観を堪能できる最新アイテムに注目。ヘッドユニットやスピーカー、モニター、ドラレコなどカーエレクトロニクス用品のフルラインナップを展開。フラッグシップモデルであるサイバーナビの機能を体験できるコンテンツも準備。

こうした車内エンタメの最新事情が用意されたデモカーでは、最新の「サイバーナビ」を象徴するアウディR8をはじめ、スバル・レヴォーグでは自慢の高音質体験が提供され、日産セレナでは車種専用モデル(ナビなど)が提案されます。さらに、現在注目されている「ハイレゾ」の試聴BOXやミュージッククルーズチャンネルのVR体験も見どころ。なお、ミュージッククルーズチャンネルの無料体験バウチャーの配布も予定されています。

ほかにも、パイオニア創業80周年記念にちなみHi-Fiスピーカーの礎となる国産初のダイナミックスピーカーや世界で初めて市販向けに発売したGPSカーナビ「AVIC-1」を展示しパイオニアの80年を映像で振り返るコンテンツも要チェックです。

(塚田勝弘)

【東京オートサロン2018】カロッツェリアブースでは「ハイレゾ」視聴BOXやVR体験などで車室内の楽しみ方を提案(http://clicccar.com/2018/01/10/544096/)

【関連記事】【東京オートサロン2018】SUBARUとSTIの将来を示す「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を披露平成のスタートとともにチューニングパワー炸裂! 昔の東京オートサロンを見てみよう!その3【Play Back the OPTION Spin off】「東京オートサロン」に名称変更されたのは「あぶない刑事」と同じ1987年から。昔の東京オートサロンを見てみよう!その2【Play Back the OPTION Spin off】