【新車】レンジローバー・スポーツにコネクティビティ機能を装備した2台の限定車が登場

【新車】レンジローバー・スポーツにコネクティビティ機能を装備した2台の限定車が登場

【新車】レンジローバー・スポーツにコネクティビティ機能を装備した2台の限定車が登場の画像

「レンジローバー」シリーズの中でもスポーティな内・外装、走りが魅力のレンジローバー・スポーツ。

12月27日から限定車「RANGE ROVER SPORT SORIHULL(ソリハル)」と、「RANGE ROVER SPORT MASTERPIECE(マスターピース)」の受注が開始されています。

両モデルとも最高出力258ps、最大トルク600Nmを誇る3.0L V6ディーゼルターボ(TDV6)を搭載し、自慢の高い走破性能に加えて、コネクティビティ機能やドライバー支援システムを装備した特別仕様車です。

直感的なタッチ操作が可能な10.2インチのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」には「InControl プロテクト」と「InControl コネクトプロ」の機能が用意され、スマートフォンのアプリを介して、走行履歴や車両状態を確認ができるほか、車両から離れた場所でインターネットを介してドアのロックや解除、エアコンの操作が可能。

また、車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシスト、駐車時のハンドル操作を自動で行う「アドバンスド・パークアシスト」などのドライバーエイド系の装備も充実しています。

「RANGE ROVER SPORT SORIHULL(ソリハル)」は、「RANGE ROVER SPORT HSE DYNAMIC」がベース。「サテンブラック」のミラーキャップやテールゲート、ボンネットに配される「RANGE ROVER」スクリプト、「ダークフィニッシュ」のヘッドランプやリヤテールランプ、「サテンブラックフィニッシュ」の22インチのアロイホイールなどにより、よりアグレッシブな外観に仕立てられています。

もう1台の「RANGE ROVER SPORT MASTERPIECE(マスターピース)」は、「RANGE ROVER SPORT SE」がベースで、車両やキーに触れることなく、車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリーパワーテールゲートやシートヒーター(前後席)が搭載された充実装備が魅力。

ボディカラーは、ランドローバーでお馴染みの「フジホワイト」をはじめ「サントリーニブラック」、「コリスグレイ」の3色が用意されています。

「RANGE ROVER SPORT SORIHULL(ソリハル)」の価格は12,300,000円で、シリコンシルバーのみの限定15台。「RANGE ROVER SPORT MASTERPIECE(マスターピース)」は、限定60台(フジホワイト25台、サントリーニブラック20台、コリスグレイ15台)で、価格は8,990,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】レンジローバー・スポーツにコネクティビティ機能を装備した2台の限定車が登場(http://clicccar.com/2017/12/30/544180/)

【関連記事】【新車】BMW M3セダン/M4クーペ Competitionの特別な限定モデル「M Heat Edition」は30台限定で13,610,000円〜【新車】好調なセールスが続くアウディ・Q2に、18インチアルミホイールを履いた「Audi Q2 #touring limited」を設定【新車】耽美な「黒蜥蜴」の表皮を再現したルーフの「DS 3 BLACK L?ZARD」は限定10台!