【東京オートサロン2018】モデリスタがC-HRをベースとした未来を見据えたコンセプトカーを出展

【東京オートサロン2018】モデリスタがC-HRをベースとした未来を見据えたコンセプトカーを出展

【東京オートサロン2018】モデリスタがC-HRをベースとした未来を見据えたコンセプトカーを出展の画像

トヨタ車のカスタマイズを行っているトヨタモデリスタインターナショナルは、会社創立20周年を記念したコンセプトカー「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」を2018年1月12日〜14日の3日間幕張メッセで開催される東京オートサロンに出展します。

「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」と名づけられたコンセプトカーは、モデリスタが掲げている「あなたの“もっと”に応えたい」という想いを深化させ、モデリスタの未来、カスタマイズの未来を見据え製作されました。本物志向の大人をターゲットとしたラグジュアリー感とスピード感を併せ持つデザインが特徴となっています。

フロントは標準車のバンパーに一体型のスポイラーを被せています。さらにアルミ削り出しのエンブレムを採用した専用設計のグリルカバーを装着することで、C-HRの重心を低く見せる効果を生み出します。またフロントサイドのエアインテーク部分にはワープタイプのデイタイムLEDを装備。単色だけでなく様々な色を同時に点灯することも可能で遊び心が溢れています。

リアは専用のリアスタイリングキットを装着し、アンダー部を金属調塗装とすることで、フロントからのスピード感のある流れを活かしています。また、純正のリアスポイラーやLEDが点灯するアンテナも金属調塗を採用し、トータルコーディネイトされています。

「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」に装着されているアルミホイールのサイズは20インチ8.5J、タイヤは245/35R20です。ブレーキシステムはフロントがローター径380mmの8ポッド。リアのローター系径は356mmで6ポッドという大容量ブレーキを装着し。このモデルのポテンシャルの高さが伺えます。

インテリアは、インストルメントパネルやセンターコンソールには鮮やかな赤をアクセントカラーに使用したピアノブラック調専用パネルを装着。シートカバーも黒と赤を基調としたデザインを採用することで、クールで落ち着いた室内にエモーショナルな赤が映える空間となっています。

オートサロンの期間中モデリスタブースではMUSE(女神)と呼ばれるコンパニオンがそれぞれ担当の車種を紹介してくれます。「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」はモデリスタカスタマイズアンバサダーの東山桜子さんが、クルマをモチーフとした衣装を着て車種紹介を行ってくれます。これはもう見逃せませんね!

(萩原文博)

【関連記事】

【東京オートサロン2018】モデリスタが見た目だけでなく実用性も高めたカスタマイズを施した新型アルファード
https://clicccar.com/2018/01/02/544711/

【東京オートサロン2018】自由に旅行をしたい方にピッタリなモデリスタのコンプリートカー・ハイエース Relaxbase
https://clicccar.com/2018/01/02/544684/

【東京オートサロン2018】「ずっと居たいと思う室内空間」をモデリスタがノアに配したコンセプトカー
https://clicccar.com/2018/01/03/544641/

【東京オートサロン2018】20周年を迎えたモデリスタブースは「女神」がクルマを紹介!?
https://clicccar.com/2017/12/29/543532/

【東京オートサロン2018】モデリスタがC-HRをベースとした未来を見据えたコンセプトカーを出展(http://clicccar.com/2018/01/03/544606/)

【関連記事】【東京オートサロン2018】「ずっと居たいと思う室内空間」をノアに配したモデリスタのコンセプトカー【東京オートサロン2018】自由に旅行をしたい方にピッタリなモデリスタのコンプリートカー・ハイエース Relaxbase【東京オートサロン2018】モデリスタが見た目だけでなく実用性も高めたカスタマイズを施した新型アルファード