ゼネラルモーターズがデトロイトにEV専用工場を開設。電動ピックアップトラックを2021年に量産開始

ゼネラルモーターズがデトロイトにEV専用工場を開設。電動ピックアップトラックを2021年に量産開始

デトロイト・ハムトラックに開設されるEV専用工場で最初に作られるのは電気ピックアップになる予定

■GM初のEV専用工場はピックアップトラックやカーシェアリング専用モデルを製造予定
ゼネラルモーターズ(GM)が「全電動化の未来」の実現に向けて大きな一歩を踏み出します。デトロイト・ハムトラックのアッセンブリー(組立)工場に22億ドルの投資を行ない、”EV専用工場”を開設するというのです。

アメリカにはテスラ社のEV専用工場が存在していますが、GMとしては初のEV専用工場となります。

この新工場で生産される最初のEVは、アメリカ市場の特徴的なカテゴリーであるピックアップトラックとなる見込みです。その派生モデルとしてのSUVの登場も予定されています。さらに、クルーズ社が展開するシェアリングサービス用のEV「クルーズ・オリジン」の生産も、同工場で行なう予定となっています。

EV専用工場の開設に加え、シェアリング専用車の生産という点でも、自動車メーカーのビジネスモデルが変革期にあることを感じさせる発表です。

EV量産の課題となるバッテリー供給については、LGケミとのジョイントベンチャーによるバッテリー製造事業に23億ドルの投資をすることでクリアにしているのもさすがGMといったところ。新工場では最新鋭の設備によって新しいEVが量産されるということですが、EV専用に作り込んだアッセンブリー工場が従来の工場とどのように異なるものになるか、世界中の注目を集めるプロジェクトといえるでしょう。

なお、新工場で作られる全電動ピックアップトラックのローンチは2021年後半とアナウンスされました。そのスタイルや性能も気になります。さらに、テスラ社のEVピックアップ「サイバートラック」も現時点では同時期にローンチ予定となっていますから、強烈なライバル関係になること間違いなし。

北米市場ではEVピックアップトラックが一気に盛り上がること請け合いです。

(山本晋也)

ゼネラルモーターズがデトロイトにEV専用工場を開設。電動ピックアップトラックを2021年に量産開始(http://clicccar.com/2020/01/30/951517/)

【関連記事】