インフィニティ新型クーペSUV「QX55」生産は、11月が有力

インフィニティ新型クーペSUV「QX55」生産は、11月が有力

インフィニティ QX55 ティザーイメージ

■6月スタートが延期。ライバルはメルセデスベンツ「GLCクーペ」やBMW「X4」
日産が開発を進めているインフィニティの新型クロスオーバー・クーペSUV、「QX55」の生産が11月スタートなる可能性が高いことがわかりました。

米「Automotive News」によると、生産スタートは当初6月でしたが、運用効率の関係から11月に延期されたといいます。

QX55は、これまでティザーイメージを2点のみ公開しており詳細は明かされていません。判明しているのは、「QX50」と「QX60」の間を埋めるモデルとして開発されるクーペSUVであり、メルセデスベンツ「GLCクーペ」やBMW「X4」などと競合するモデルになるということです。

パワートレインは、QX50から流用される2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンで、最高出力268ps、最大トルク380Nmを発揮すると予想されます。トランスミッションはCVTのみの設定となり、前輪駆動と4WDからセレクト可能だといいます。

気になる価格ですが、QX50の38,275USドル(約420万円)より高額になることは間違いないと思われます。

(APOLLO)

インフィニティ新型クーペSUV「QX55」生産は、11月が有力(http://clicccar.com/2020/01/31/951402/)

【関連記事】