最速の座は譲れない!ランボルギーニ・ウルス、2018年春にニュルSUV最速へ挑戦?

最速の座は譲れない!ランボルギーニ・ウルス、2018年春にニュルSUV最速へ挑戦?

最速の座は譲れない!ランボルギーニ・ウルス、2018年春にニュルSUV最速へ挑戦?の画像

ランボルギーニは、新型クロスオーバー「ウルス」でSUVニュル最速は狙わないと語っていましたが、研究開発責任者マウリツィオ・レジアーニ氏は、2018年春にニュルSUV最速記録を狙うとインタビューで語りました。

現在ニュルSUV最速は、アルファロメオ『ステルヴィオ』の持つ7分51秒。2位はポルシェ『カイエン ターボS』の7分59秒となっています。

ウルスは、8速ATと組み合わされる4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し。最高出力は650ps、最大トクル850Nを発揮。最高速度は300km/h、0-100km/h加速は3.59秒のパフォーマンスを持つスーパーSUVです。恐らく世界レコード樹立は間違いなく、7分30秒台も予想されます。

2018年は、ポルシェ『カイエン ターボS E-ハイブリッド』の登場も予想されており、2018年は熱いニュルSUV最速バトルが見られそうです。

(APOLLO)

最速の座は譲れない!ランボルギーニ・ウルス、2018年春にニュルSUV最速へ挑戦?(http://clicccar.com/2018/01/17/548428/)

【関連記事】【デトロイトショー2018】ゼロ・エミッション化も視野に入れたレクサスのクロスオーバーフラッグシップ【デトロイトショー2018】日産のコンセプトカーは4+2座席のデイリーSUV【デトロイトショー2018】北米ホンダが新型「Acura RDX」をワールドプレミア