雪道ならではの特殊ドラテクを覚えておこう!【クルマの冬支度・ドラテク編】

雪道ならではの特殊ドラテクを覚えておこう!【クルマの冬支度・ドラテク編】

スタッドレスタイヤやチェーンなどを用意したうえで、運転には細心の注意を!

■チェーン装着時はトラクションコントロール(TRC)はオフに
クルマのタイヤの空転を防止してくれる装置がトラクションコントロール(TRC)です。このトラクションコントロールが標準装備となったおかげで、アクセル操作のミスなどによるスピンなどの事故はかなり減っています。

どのタイプのトラクションコントロールにも「OFF」スイッチが装備されています。この「OFF」スイッチをサーキットなどでドリフト走行や、テールスライドなどを行うためのもの……と勘違いしている人もいるようですが、じつは違います。

トラクションコントロールをOFFにするのは、タイヤチェーンを装着したときなのです。

タイヤチェーンを装着した状態でトラクションコントロールが効くと、タイヤチェーンの中でタイヤが空転しそうになったときに、エンジン回転が抑えられてしまうのです。タイヤチェーンを装着した際は、空転しつつも前に進んでいくことでクルマを走らせるので、トラクションコントロールはOFFにしなければなりません。

フィット性のいいゴムチェーンなどの場合はOFFにしないでも走れることもりますので、様子を見ながら走るようしましょう。トラクションコントロールがOFFのときは当然クルマの安定感が低下しますので、とくに注意することが大切です。
●スタック脱出時、ステアリングは切らずに真っ直ぐで!
雪道を走っていて、アクセルやブレーキの操作がうまくいかず、雪壁に突っ込んでしまったとしましょう。こうした際に、脱出するときは前輪(ステアリング)が切れていないことが大切です。目標に向かって姿勢を作ろうとしてステアリングを切ってしまうと、それが抵抗になって脱出できなくなるのです。ステアリングは真っ直ぐにして、前後に少しずつ、少しずつ動かすようにすると脱出できることが多くあります。

そして雪壁などに突っ込んでしまうときは、できる限り広い範囲が雪壁に当たるようにすると、クルマの被害が少なくて済みます。
●上り坂は周りに誰もいないことを確認してから、一気に登れ!
雪道でもっとも困るのが坂道です。坂道で登れなくなってしまうのは、ちょっと恐怖でもあります。無理そうな坂道に差し掛かったときは、先行車がいないこと、歩行者がいないことなどを確認してから登るほうがいいです。

前のクルマが下がってくることもありますし、自分がコントロールしきれずに横を歩く歩行者になどにぶつかる事態を避けるためです。そして、一気に登り切ることも大切です。途中で止まってしまうと、登り切れないことがよくあります。

(文/諸星陽一)

雪道ならではの特殊ドラテクを覚えておこう!【クルマの冬支度・ドラテク編】(http://clicccar.com/2020/02/02/951023/)

【関連記事】