【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表の画像

F1、SUPER GT、DTM、スーパー耐久などで高品質のエンジンオイルを提供しているマレーシアの国営石油会社「PETRONAS」。その潤滑油製造・販売部門を担うのが「ペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナル(以下PLI)」です。

1月12日〜14日に開催された日本最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2018」にて、同社はエンジンの加熱によるパワーダウンや燃費悪化、エンジンそのものの損傷を防ぐ『℃oolTech?(クールテック?)技術』を利用した乗用車向け低粘度エンジンオイル『ペトロナス シンティアム 7000 0W16 ℃oolTech?』を公開、全世界に先駆けて日本国内での先行販売を発表しました。

PLIのグループ・マネージング・ディレクター兼CEOのジョゼッペ・ディアリゴ氏は
「PLIにとって、日本は世界で最も進んだ自動車市場の1つと位置づけています。この製品の導入は日本市場への影響だけではなく、日本の自動車メーカーが事業を行っている他の市場でのチャンスに繋げることが可能です」
と述べました。

PLIは、2018年をイヤー・オブ・テクノロジーと位置付け、技術革新における重要な年としています。今年3月には6000万ドル(約66億円)かけイタリア・トリノにグローバルR&Dセンターを開設し、2022年までにメジャーな潤滑油メーカーになるビジョンに突き進んでいきます。

そのためには、軽自動車・ハイブリッドからスポーツカーなど多彩な日本の自動車市場と知見を交えるのは不可欠であると力強く語ります。

プロジェクト担当&テクノロジー部門長であるエリック・ホルトゥーゼン氏は、『℃oolTech?ペトロナス・シンティアム』ついて、
「全ての自動車エンジンで過熱が発生し、渋滞や急な傾斜、連続的な加速などでより状況が悪化します。高速道路上で頻繁にエンジンが高温に曝される原因として、オイルの酸化や油膜が発生します。これによってオイルの循環能力と熱吸収能力が低下し、結果エンジンが損傷し、駆動性能に悪影響を与え、燃費低下につながる」
と説明。

「熱伝達能力を添えた『℃oolTech?ペトロナス・シンティアム』であれば、安定して最適なエンジン性能と最高の燃費を維持できます」
と続けました。

https://www.youtube.com/watch?v=noaRId4UoUE

『ペトロナス シンティアム 7000 0W16 ℃oolTech?』の開発は、F1のメルセデスAMGペトロナスチームとともに進められ、
「レーシングカーと快適性を重視する市販車とでは、一見使用されるオイルに大きな違いがあるように思われますが、目指すところは同じ『効率』なのです。
レースの場合はより多くのパワーとスピードを、市販車の場合は燃費を上げるという『効率』。両者の目的が違うだけで効率を上げるというところに違いはありません。今回の『ペトロナス・シンティアム7000 0W16 クールテック』は特に燃費を上げるというところに重点を置いたオイルなのです」
と同氏は説明しました。

ペロトナルでは、エンジン車だけではなく、ハイブリッド、EV、燃料電池など次世代のエネルギー車に対してもアプローチしていくようです。

人間で言う血液に相当するエンジンオイル。より長く、より調子よく自分の愛車とドライブしていくのに『ペトロナス・シンティアム7000 0W16 クールテック』は新たな選択肢となりそうです。

(栗原 淳)

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表(http://clicccar.com/2018/01/18/549517/)

【関連記事】【東京オートサロン2018美女めぐり】レースクイーンは釣りが好き!埼玉トヨペットGreen Brave【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R