フラップタイプのドアノブが復活。新型ポルシェ・911カブリオレ、初のルーフオープン

フラップタイプのドアノブが復活。新型ポルシェ・911カブリオレ、初のルーフオープン

フラップタイプのドアノブが復活。新型ポルシェ・911カブリオレ、初のルーフオープンの画像

ポルシェ・911の次世代型となる992型のオープンモデル「911カブリオレ」。ルーフが開いた開発車両を初めてカメラが捉えました。

屋根が開いたことによりグラマラスなヒップが見て取れます。992型では全長に変化はありませんが、ホイールベースは延長されます。テールライトはLEDストリップライトで結ばれ、トレッドがワイドになると予想されています。

ラジエーターグリルのセンター、及び右側の小さなレーダーは、新開発の自動運転支援システムのためのものと思われます。またドアノブは、996型の5代目「911」(2002年〜2004年)以来となる「フラップタイプ」のドアノブが採用されているようです。

パワートレインは3リットル水平対向6気筒ターボエンジンを搭載予定で、最高出力は390ps程度が予想されています。室内では新型『パナメーラ』から流用される高解像度ディスプレイ、タッチセンシティブコマンドを搭載。タコメーター以外デジタル化されるインストルメントクラスターとなるとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年秋以降となりそうです。

(APOLLO)

フラップタイプのドアノブが復活。新型ポルシェ・911カブリオレ、初のルーフオープン(http://clicccar.com/2018/01/20/550783/)

【関連記事】2018年9月公開? BMW X5新型はこれで決まり!直6+モーターのエントリーモデル? メルセデスAMG GT 4ドアの新たな開発車両発表は4月!? ポルシェ・マカン改良型、450馬力のPHEVモデルに注目!