【デトロイトショー2018】ゼロ・エミッション化も視野に入れたレクサスのクロスオーバーフラッグシップ

【デトロイトショー2018】ゼロ・エミッション化も視野に入れたレクサスのクロスオーバーフラッグシップ

【デトロイトショー2018】ゼロ・エミッション化も視野に入れたレクサスのクロスオーバーフラッグシップの画像

2018年の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)が開幕しました。事前情報の通り、レクサスはクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しています。

これは、レクサス・ブランドにおけるフラッグシップ・クロスオーバーの姿であり、レクサスの次世代デザインを示しているコンセプトカーということです。

特徴的なのはクロスオーバーとしては十分以上のロングノーズです。また、日本発のブランドであることを意識して、鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受けたという、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したような造形を表現している点はレクサスの未来を示します。

インテリアでは、シフト操作系をステアリングに集約するなどしてスイッチ類を極力減らしているのが特徴。ジェスチャーコントロールなども積極的に採用することで、レクサスのラグジュアリークロスオーバーにふさわしい未来的なコクピットを目指しています。

このコンセプトカーについては、明確なパワートレインは提示されていませんが、2025年頃までにはグローバルに展開するレクサスの全モデルに電動専用車、電動グレード設定車とすることは宣言済み。この「Lexus LF-1 Limitless」についても、ガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHV)、電気(EV)、燃料電池(FCV)といったゼロ・エミッションのパワートレーンを搭載することも想定した構造になっているということです。

●Lexus LF-1 Limitless 主要諸元
全長:5,014 mm
全幅:1,986 mm
全高:1,605 mm
ホイールベース:2,974 mm

(山本晋也)

【デトロイトショー2018】ゼロ・エミッション化も視野に入れたレクサスのクロスオーバーフラッグシップ(http://clicccar.com/2018/01/17/551248/)

【関連記事】【デトロイトショー2018】日産のコンセプトカーは4+2座席のデイリーSUV【デトロイトショー2018】北米ホンダが新型「Acura RDX」をワールドプレミア【デトロイトショー2018】北米で発売される3代目インサイトは1.5リッター2モーターハイブリッドを初採用