【オートモーティブワールド2018】豊田通商グループが2人乗りの小型EV「リバーストライク」を出展

【オートモーティブワールド2018】豊田通商グループが2人乗りの小型EV「リバーストライク」を出展

【オートモーティブワールド2018】豊田通商グループが2人乗りの小型EV「リバーストライク」を出展の画像

2017年4月に誕生した「ネクスティ エレクトロニクス」は、豊通エレクトロニクス、トーメンエレクトロニクスの2社が合併した会社。両社が持つ技術やグローバルネットワークを活かして、豊田通商グループのエレクトロニクス事業中核企業としての役割を担っています。

同社は自動運転に向けたカーエレクトロニクス等を手掛けており、1月17日〜19日にかけて東京ビッグサイトで開催された「オートモーティブワールド2018」では、前輪2輪/後輪1輪の小型EV「リバーストライク」を出展しました。

市販車をベースに電動化したコンバートEVで、スリーサイズは全長:2,650o、全幅:1,300mm、全高:770mmで、車両重量は300kg。

搭載モーターの定格出力は4.4kw、最大出力 11.7kw、リチウムイオンバッテリーの容量は10kwh、総電圧50.4V。一充電あたりの航続距離は160kmで、最高速度は 100km/h。側車付軽二輪扱いで2人乗りによる公道走行が可能となっています。

今回「ネクスティ エレクトロニクス」が出展したリバーストライクには、同社の技術力、開発力をアピールすべく自社開発製品(充電器、制御ソフト、パワーコントローラー等)が搭載されており、来場者からの注目度も高く、今後の市販化に向けた動きが注目されます。

(写真・文:Avanti Yasunori)

【関連記事】

【オートモーティブワールド2018】自動運転、電動化の最新技術が一堂に!
https://clicccar.com/2018/01/20/552131/

【関連リンク】

ネクスティエレクトロニクス
http://www.nexty-ele.com/

【オートモーティブワールド2018】豊田通商グループが2人乗りの小型EV「リバーストライク」を出展(http://clicccar.com/2018/01/21/552305/)

【関連記事】【オートモーティブワールド2018】自動運転、電動化の最新技術が一堂に!【オートモーティブワールド2018】搭載可能位置を拡げる横置き対応の電気二重層キャパシタの新たな使用方法とは?次々登場するバイクのバッテリー交換型システムには重大な問題がある!?