【新車】美しいクーペのようなスタイルが魅力。メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ登場

【新車】美しいクーペのようなスタイルが魅力。メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ登場

【新車】美しいクーペのようなスタイルが魅力。メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ登場の画像

3年連続で輸入車ナンバー1に輝いたメルセデス・ベンツからEクラスの新しいバリエーション、カブリオレが登場しました。

Eクラス カブリオレは、1991年に発表されたW124をベースの「300 CE-24 Cabriolet(A124)」から電動による完全自動開閉が採用されています。

遮音性と耐候性に優れたアコースティックソフトトップ、サッシュレスウィンドウと、前席と後席の境がないウィンドウによる広いガラスエリアが特徴。

新型 Eクラス カブリオレの魅力は外観で、ソフトトップを閉じた時はメルセデスの伝統的な流れるように美しいクーペのようなフォルム、ソフトトップを開け放てばカブリオレならではの伸びやかなプロポーションを堪能できます。

カブリオレの特徴であるアコースティックソフトトップは、3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性に優れた素材を採用。ウレタンフォームに高い断熱・吸音効果を発揮するインナーを組み合わせることで、クラストップレベルの静粛性を実現したとしています。約50km/hまでなら走行中でも操作可能で、約20秒で開閉します。

屋根を開けると、フロントウインドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップから構成される「エアキャップ」が空気の流れを上方に高く跳ね上げるとともに、後方から室内への風の巻き込みを低減。

また、前席にはSLCなどでもお馴染みの、温風で首元を暖める「エアスカーフ」が用意されています。シートバックに内蔵された超小型セラミックヒーターにより暖められた温風をヘッドレストのエアダクトから乗員の首元に送る装備で、季節を問わずに寒冷時でも快適なオープンエアを堪能できます。風量は三段階の調整が可能です。

キャビンは、先代よりもサイズが大型化したことで、室内空間と快適性が向上。中でも後席のレッグスペースは44mm延長され、後席ショルダールームも14mm広くなっています。大人4名くつろげるというセパレートシートは、ロングドライブでの快適性に優れるとともに、上質な仕立てになっています。

搭載されるエンジンは「E200」系が2.0Lの直列4気筒直噴ターボ、「E400 4MATIC カブリオレ スポーツ」が3.0L V6直噴ツインターボ。価格は「E200カブリオレ」が7,350,000円、「E200カブリオレ スポーツ」が8,040,000円(以上、右ハンドル)。左ハンドルになる「E400 4MATIC カブリオレ スポーツ」が11,130,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】美しいクーペのようなスタイルが魅力。メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ登場(http://clicccar.com/2018/01/21/552336/)

【関連記事】300馬力のマイルドHV搭載!メルセデス・ベンツ Aクラス次期型に「AMG A35」を初設定へフラップタイプのドアノブが復活。新型ポルシェ・911カブリオレ、初のルーフオープン直6+モーターのエントリーモデル? メルセデスAMG GT 4ドアの新たな開発車両