ワイルドさをアピール! スズキ・イグニスがSUVテイストを強化した「HYBRID MF」を追加【新車】

ワイルドさをアピール! スズキ・イグニスがSUVテイストを強化した「HYBRID MF」を追加【新車】

ワイルドさをアピール! スズキ・イグニスがSUVテイストを強化した「HYBRID MF」を追加【新車】の画像

■専用フロントバンパーとリヤバンパー、ルーフレールなどを採用
日本の狭い道路や駐車場事情でも扱いやすいサイズに加えて、個性的なクロスオーバー風スタイルが与えられているスズキ・イグニス。同モデルが一部仕改良を受け、SUVテイストをより強めた新グレード「HYBRID MF」が設定され、2020年2月4日から発売されました。

今回の一部改良では、力強い印象のエクステリアへのデザイン変更にともない、内装の配色も一部変更されています。さらに、夜間乗降時に一定時間周囲を照らすガイドミーライト機能付オートライトシステムなど、装備も充実化されています。また、専用フロントバンパーとリヤバンパー、ルーフレールや防汚タイプラゲッジフロアなどを採用され、アクティブに行動するユーザーへ向けた新グレード「HYBRID MF」を設定。

「HYBRID MG」、「HYBRID MX」、「HYBRID MZ」のエクステリアは、5スロットグリルをモチーフとした新意匠のフロントグリルになり、ボディ同色の新意匠リヤバンパーにより力強い印象が付加されています。一方の内装は、シート表皮やメーター盤面の意匠が変更されたほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックが設定されています。「HYBRID MG」は、ブラック内装。

先述したように、新グレード「HYBRID MF」は、新デザインのフロントグリルに加えて、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装が施されたリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールが採用され、SUVテイストが強調されています。ボディカラーは、新色の「タフカーキパールメタリック」が加わり、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンを設定。

またインテリアは、メーター盤面のデザイン変更に加えれ、タフで高級感のあるレザー調シート表皮が用意されたほか、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定。装備では、汚れがふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアが採用(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)されています。

そのほか、イグニスの快適装備として、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し、周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用したオートライトシステムを全車に標準装備(スズキ国内初)。助手席シートヒーターを全車に標準装備(4WD車は従来から標準装備)し、助手席シートサイドポケットが採用されています(HYBRID MGを除く)。さらに、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとする安全装備が全車に標準装備されています。

一部改良を受けたスズキ・イグニスの価格は、1,522,400円〜1,975,600円です。

(塚田勝弘)

ワイルドさをアピール! スズキ・イグニスがSUVテイストを強化した「HYBRID MF」を追加【新車】(http://clicccar.com/2020/02/05/952667/)

【関連記事】