レッドブル・エアレースのワールドチャンピオンを獲得した室屋義秀選手、今年もスタートダッシュで連覇を目指す!

レッドブル・エアレースのワールドチャンピオンを獲得した室屋義秀選手、今年もスタートダッシュで連覇を目指す!

レッドブル・エアレースのワールドチャンピオンを獲得した室屋義秀選手、今年もスタートダッシュで連覇を目指す!の画像

地上最速のモータースポーツ、レッドブルエアレースの2018年シーズンが2月2日(金)、3(土)にアブダビ(UAE)で開幕します。それに先立ち、1月18日東京都渋谷区のRed Bull Studios Tokyo Hallで室屋義秀2018 シーズンキックオフ記者会見が開催されました。

室屋選手がディフェンディング・チャンピオンとしてこれまでと異なる立場で開幕戦を迎える心境、 シーズンに向けた意気込みを語りました。

2017シーズンは「年間4勝(8戦中)と勝利数では圧倒した割に、もつれたシーズン」と振り返りました。

緒戦からのスタートダッシュを宣言しながらも、オーバーGで失格(ノーポイント)といきなりつまずいた開幕戦アブダビ(UAE)。しかし、2か月のインターバルを利用して、充分な体制を整え挑んだ第2戦サンデェゴ(アメリカ)でシーズン初勝利。

次の第3戦千葉は前年優勝。前戦の優勝もあり”2連覇・2連勝”の期待(プレッシャー)を感じる中、「ベストフライトでなかったものの、強運にも恵まれて優勝」と、初のランキングトップに立ち、好調の波に乗ったと思われました。

しかし、この後調子が下降。第4戦ブダペスト(ハンガリー)では3位表彰台に登ったものの、第5戦カザン(ロシア)ではラウンド・オブ・14で天候不良の中飛行し、敗退(ノーポイント)。ランキングトップから陥落。実はこの時、体調が完璧でないという操縦ミスと天候以外の原因もあり「反省材料満点だった」とのこと。

コンディションを整えて挑んだ第6戦ポルト(ポルトガル)ではレース会場で機体(フレーム)にクラック(亀裂)が見つかり、応急処置を施し6位。この時点でランキングトップのソンカ選手とは10ポイント差(総合4位)。第7戦ラウジッツ(ドイツ)では「強敵との直接対戦というリスキーな勝負に出ないとチャンピオンは獲れない」と、ラウンド・オブ・14を「ギリギリ”遅いタイムが勝ち上がる”」勝負を仕掛け、勝ち上がり、ラウンド・オブ・8でランキング2位だったチャンブリス選手と対決・勝利して、ポイント加算を阻止した上で見事優勝を果たしました。

最終戦インディアナポリス(アメリカ)戦開始前には、再びランキング2位につけ、首位のソンカ選手とのポイント差を4まで縮めましたが、優勝しても自力でのタイトルは獲得は出来ない状況。

「もうベストを尽くすしかない」と、通常より10日程前倒ししてアメリカ入りし、チームもいい状況でレースを迎えました。ところが予選の不調でラウンド・オブ・14で宿敵ソンカ選手との直接対決が実現してしまいます。「本当は当りたくなかった。」「メディア・TVにはとっても喜んで頂いたが、『まぁ、こんな事が有るかな』と思いましたが、ここでチャンピオンシップが決まると思って飛んでました」

そこでソンカに勝ち、「ほぼ決まった」と思っていたら「ファステストルーザーで、(ソンカ選手が)上がってきて、しかもファイナルまで上がってきた」

「もう面白くなってきちゃって。タイトルよりも、もう一回対決出来る事が本当に楽しかった」

「ファイナル4は”ゾーン”に入った状態で気付いたらとんでもないタイムが出ていた」2位と2秒以上の差には「戦略担当のベンジャミン(・フリーラブ氏)がウッソーという顔で映ってました」最終飛行で驚異的なタイムを出し、タイトルを獲得しました。

機体はインディアナポリスの優勝翌日にはカリフォルニアに移送、機体をバラしポルトガルで損傷したフレームの修復に入ったのですが、何度か試したものの補修と云うレベルでは完全には直らない事が判りました。

本格的な修理を行い、機体を良い(正常な)状態に戻す為にかなり時間を費やしたそうで、アブダビ戦を前にアップデートの予定が有りましたが、本格修理でスケジュールが一ヶ月ほど遅延した感じなので、開幕戦は大きな機体改修を行わなず(=最終戦迄の蓄積を元に)レースに臨むようです。

今後のアップデート予定としては、エンジンカウルの交換を予定しているとのこと。実はこちらも昨シーズン投入が検討されていた物ですが、ポルトでの機体トラブル対策に時間が割かれた結果、投入が見送られていたもの。

スクリーンに映しだされたシルエットは水平対向エンジンのシリンダーヘッド冷却用の空気取り入れ用ダクトとプロペラのシャフトの間を大きく抉られた様に見えます。前面投影面積は同じですが、より前方がより絞られたデザインとなるよう。

即投入とならないのは、絞り込まれる事で内側の空気の流れが変わるため、冷却系への影響を検証した後になる事と併せ、他チームへコピーされるのを避けるためとのこと。毎年平均1秒近くタイムが向上するため、「一歩立ち止まると、あっという間において行かれる」と室屋選手が語るように、他のモータースポーツと同様にエアレースでも技術開発競争が絶え間なく続けられています。

保留されているウイングレットの投入についても、「準備は進めているが、現在は非装着でも最速を誇っていた。ラウンドによっては、装着しない方が速い場合もあるため、様子を見ながら」と、投入の見通しがついたようです。また、オフシーズンの補修作業の際、見事な手際で協力したとの事で、テクニシャンがピーター・ゴーティエに交代しています。

今シーズン最大のルール変更であるオーバーGペナルティ(注)については「2年前は沢山引っ掛かっていたけど、引っ掛からないテクニックを随分編み出し『もう変えなくてもいいのになぁ』と思いましたが、失格からペナルティタイム加算への変更は実際勝負が決まったに等しいですし、お客さんには最後まで飛ぶ所を見せられるのでいいかな」と考えているそうです。

注:オーバーGペナルティは昨年まで10Gを「0.6秒以上超えると”失格」でしたが、2018年より10Gを「0.6秒以上超えると”2秒加算”」となります。なお「12Gを超えると即時失格」ルールについては変更はありません。

新シーズンへの抱負は「新チームも入ってきますので、アブダビで蓋を開けて…が楽しみで1から取り組みますが、去年の(タイトルを争った)経験は生きてくると思うので他のチームより有利かなと思います」「エアレースは自分への挑戦だったり、チームでの限界へのチャレンジというところで連覇を目指します。」

また、エアショーは「全国各地で見てもらって、子供たちに将来パイロットや航空業界を志望してもらえる動機になればいいなと思って行っています。」と、エアレース以外の活動についても抱負を語りました。

今週いよいよアブダビでの開幕戦。各チームが現地に入り、週末のレース準備を始めています。室屋機はカラーリングにも大きな変更はありませんが、各チームの機体はロゴだけ変更されたチームから、大胆なカラーリング変更を行ったチームも目立ちます。

初参加となるベン・マーフィー選手の機体EDGE540V2は2017シーズンをもって引退したピーター・ポドルンシェク選手の機体を引き継ぎましたがカラーリングは一変しました。…下向きウイングレットは健在です。

ミカ・ブラジョー選手のMXS-Rは昨年のレトロ戦闘機風から、黒+クロームメッキ風に変わりました。

マット・ホール、クリスチャン・ボルトン選手のカラーリングも大きく変わったようです。

いよいよ、2018シーズンが始まります。開幕戦アブダビのTV放送は決勝日(2/3)の日本時間深夜に行われるようです。今年からWeb中継はDAZNによる独占中継となりました。一方で、アンドロイド携帯・DayDream機能対応スマホによるVR観戦という視聴方法も始まります。チャンピオン室屋選手の開幕ダッシュに期待です。

(川崎BASE photo:Y.Kanoh/Joerg Mitter/Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

レッドブル・エアレースのワールドチャンピオンを獲得した室屋義秀選手、今年もスタートダッシュで連覇を目指す!(http://clicccar.com/2018/01/31/555235/)

【関連記事】【東京オートサロン2018】エアレースチャンピオン・室屋選手の機体模型など、クルマにとどまらない革新的な展示のファルケン【レッドブル・エアレース】2018年シーズンの開幕まで約1ヶ月、チャンピオンを獲得した室屋選手も着々と準備が進む室屋選手世界一へ。今季最後の勝負は最後の直接対決で決着!【レッドブルエアレース2017・決勝レポートその1】