【ルノー・トゥインゴGT試乗】限定車だったGTがカタログモデルで導入。限定車との違いは?

【ルノー・トゥインゴGT試乗】限定車だったGTがカタログモデルで導入。限定車との違いは?

【ルノー・トゥインゴGT試乗】限定車だったGTがカタログモデルで導入。限定車との違いは?の画像

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」のスポーティモデルであるGTがカタログモデルとして発売されました。以前にも限定車としてGTが発売されましたが、今回は限定ではなく正式なカタログモデルとしての発売です。以前のGTは5MTのみの設定でしたが、今回は2ペダルの6EDCが設定されました。

GTに搭載されるエンジンは109馬力/170Nmにチューニングされた0.9リットルターボエンジンです。このエンジンはクルマの後ろ側、つまりラゲッジルーム(トランクルーム)の下にエンジンが置かれていて、後輪を駆動するRR(リヤエンジン・リヤドライブ)が採用されています。

限定車とカタログモデルで大きく異なるのは、限定車にはあったフロントフードのデカールがなくなったことと、純正ナビが装着できるようになったことです。標準で装着されるのはラジオで、このラジオの場合はスマホと連動させることでエンジン回転数の表示が可能(別途アプリのインストールが必要)、つまりタコメーターとして機能させることができますが、ナビを装着するとエンジン回転を知る方法がなくなってしまいます。

(文:諸星陽一/写真:小林和久)

【ルノー・トゥインゴGT試乗】限定車だったGTがカタログモデルで導入。限定車との違いは?(http://clicccar.com/2018/02/06/556594/)

【関連記事】【スズキ・クロスビー試乗】ちょうどいいサイズ感とファニーなデザインが正しい感じの「使える」クルマ渾身のスーパーハイトワゴン、スズキ・スペーシアで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.15】2017年の自動車世界販売で日産・ルノー連合が初の2位に!3位のトヨタ、巻き返しは?