メルセデス・ベンツVクラスのポップアップルーフ仕様を正規導入開始【JAPANキャンピングカーショー2018】

メルセデス・ベンツVクラスのポップアップルーフ仕様を正規導入開始【JAPANキャンピングカーショー2018】

メルセデス・ベンツVクラスのポップアップルーフ仕様を正規導入開始【JAPANキャンピングカーショー2018】の画像

人気の輸入ミニバンであるメルセデス・ベンツ Vクラスに、ポップアップルーフ仕様が加わりました。

2018年2月2日から4日まで幕張メッセで開催された日本最大級のキャンピングカーショー「JAPANキャンピングカーショー」で発表されたメルセデス・ベンツ「V 220 d Marco Polo HORIZON(マルコ ポーロ ホライゾン)」は、ポップアップルーフやフルフラット対応ベンチシート、前席回転機構などを備えた「プレミアムアウトドアミニバン」という位置づけになっています。

このVクラスのポップアップルーフは、ルーフはドイツのWESTFALIA(ウェストファリア)社によるもの。なお、ウェストファリアジャパンでは、「マルコポーロ」の左ハンドル仕様を日本に導入しています。

さて、メルセデス・ベンツ日本による「V 220 d Marco Polo HORIZON(マルコ ポーロ ホライゾン)」は、右ハンドル仕様のみ。

2人が就寝できるポップアップルーフベッド(2050×1130mm、最大荷重160kg)、1列目の回転機構、3列目のフルフラット機能付ベンチシート(アンダーシートボックス)は最大3名まで就寝可能です。ほかにも、ラゲッジルームセパレーター、カーテン、電動リヤクォーターガラスなどを標準装備。

ほかにも、純正アクセサリーで、タープ&カーテンセットをはじめ、サンバイザーやフロントサンシェード、専用バイシクルホルダー、折りたたみ収納箱などが用意されています。

ボディサイズは、欧州値で全長5140×全幅1928×全高1980mm(オープン時2839mm)。エンジンはノーマル仕様と同様に、2.1Lディーゼルエンジンを搭載し、7ATとの組み合わせ。駆動方式はFRで、気になる価格は846万円。

日本の道路事情からすると、決して小さいとはいえないものの、これなら日常で普段使いしながら週末にキャンプなどに出かけるというニーズに応えてくれそうです。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、メルセデス・ベンツ)

メルセデス・ベンツVクラスのポップアップルーフ仕様を正規導入開始【JAPANキャンピングカーショー2018】(http://clicccar.com/2018/02/07/556991/)

【関連記事】1年分の衣類や寝具の収納・洗濯はどうしてる?:キャンピングカー生活の日常・その5【車中泊女子の全国縦断記】インターネット環境と通信費:キャンピングカー生活の日常・その4【車中泊女子の全国縦断記】メルセデス・ベンツ Aクラスがフルモデルチェンジ。コンパクトカーのベンチマークがレベルアップ