【ジュネーブモーターショー2018】美しさに磨きを掛けた新型Mazda6(マツダ・アテンザ)ワゴンを初披露

【ジュネーブモーターショー2018】美しさに磨きを掛けた新型Mazda6(マツダ・アテンザ)ワゴンを初披露

【ジュネーブモーターショー2018】美しさに磨きを掛けた新型Mazda6(マツダ・アテンザ)ワゴンを初披露の画像

3月6日から18日まで開催される「ジュネーブモーターショー2018」において、新型Mazda6(マツダ・アテンザ)ワゴンが初公開されます。

マツダの乗用車ラインアップの最上級モデルであるMazda6は、2012年にフルモデルチェンジを受けて現行型にスイッチ。今回の商品改良では、技術、デザインなどのあらゆる領域を「深化」させ、その質を一段引き上げたとしています。

今回、世界初公開されるワゴンモデルは、ワゴンとしての機能性を確保しながら、昨年11月末のロサンゼルスモーターショーで世界初公開したセダンと同様に、内・外装ともに上質さをより磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインに昇華させたとしています。写真を見ると、より滑らかな面構成など優雅さを感じさせる外観が特に印象的。

ほかにも、昨年秋の東京モーターショーでワールドプレミアされた次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプト「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ・カイ・コンセプト)」、フランスで「最も美しいコンセプトカー」に選出された次世代デザインビジョンモデル「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」も初公開されます。

(塚田勝弘)

【ジュネーブモーターショー2018】美しさに磨きを掛けた新型Mazda6(マツダ・アテンザ)ワゴンを初披露(http://clicccar.com/2018/02/09/557763/)

【関連記事】【新車】マツダCX-5がマイナーチェンジでCX-8と同じ最新のクリーンディーゼル搭載、ガソリンエンジンも進化2019年に「SKYACTIV-X」採用の次期アクセラ発売?マツダの商品戦略が第2世代へ突入トヨタやマツダ等、日本の自動車各社が中国にEV(小型SUV)を一斉投入へ