システム総合出力462ps! パナメーラ4Eハイブリッドは4ドア版911のよう

システム総合出力462ps! パナメーラ4Eハイブリッドは4ドア版911のよう

システム総合出力462ps! パナメーラ4Eハイブリッドは4ドア版911のようの画像

ポルシェのフル4シーターセダン・パナメーラは、低く流麗なボディとスポーツカーそのもののハンドリングで大人気を博しているモデルです。

現行モデルは2016年に登場しましたが、今回、2017年に追加発表されたプラグインハイブリッドモデル『4Eハイブリッド』に試乗することができました。

パナメーラシリーズには標準モデルとロングボディのエグゼクティブ、そしてシューティングブレーク(ワゴン)のスポーツツーリスモが用意されますが、パナメーラ4Eハイブリッドは標準とロングのみに設定されます。

こうしてボディタイプは多く設定されているパナメーラですが、すべてに共通しているのはルーフからテールに向けての流れるようなライン(角度はそれぞれですが)。これが同社の911シリーズを意識したことは明らかですね。

実際に肉眼で見てもそのクーペによく似た造形のテールライトと合わせ、リアからの眺めはさながら4ドア911といった感じです。室内は前後左右ともに広い空間が確保されています。

リアシートは独立した2人がけで乗車定員は4人となります。

外観から受ける印象では、室内高が不足するのではと危惧していましたが、実際に乗り込んでみると上下方向にも余裕があることがわかります。

実はこれ、パナメーラのボディサイズとデザインによるマジックともいえるものです。ルーフの高さが非常に低く見えますが、実は全高は1400mmを超えています。全長が5000mmを超える特大サイズのため相対的にハイトが低く見えているのです。

センターコンソロールには12.3インチの大きなタッチスクリーンがセットされています。

また、ステアリングに装着されたダイヤル等により(パナメーラ全車に装備の)スポーツとスポーツプラスのモードに加えて、4つのモーター関連制御(「Eパワー」「Eホールド」「Eチャージ」「ハイブリッドオート」)へと切り替えが可能です。

フロントに搭載されるエンジンはV6・2.9リッターで出力は330ps。このVバンクの中央にタービンを2機配置する独特なレイアウトが特徴的。モーターと合わせたシステム総合出力は462psにも達します。

先代モデルのプラグインハイブリッドはFRのみでしたが、今回から駆動方式がAWDに変更されています。なお後輪をエンジン、前輪をモーターといった役割分担ではなく、出力はすべて8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)を介して前後に分配されます。

実際に試乗してみました。車重は2トンを優に超える重量級の4Eハイブリッドですが、低回転から強大なトルクを発生するパワーユニットにより、身のこなしはむしろ軽やかに感じました。

室内は狭そうに見えて実際には広い。車重が重いはずなのに実際には軽快。パナメーラ4Eハイブリッドは全身にポルシェマジックが降りかかった一台でした。

【おまけ情報】

ポルシェがパナメーラよりも前に4ドア・4シーター車を作っていたのをご存知でしょうか?今から31年前の1987年に発表された「H50コンセプト」がそのモデルです。これはV8エンジン搭載のFR車「928」をベースにルーフを延長してドアも追加したものでした。

しかしH50は、実走行モデルも作られましたが量産には至らずプロジェクト終了となっています。というわけで2009年に登場した初代パナメーラは、ポルシェにとって悲願のクルマだったのでした。

●パナメーラ4Eハイブリッド・スペック

全長×全幅×全高:5049×1937×1423mm
V型6気筒2894ccツインターボ+モーター

システム出力:462ps
エンジン
最高出力:330ps/5250〜6500rpm
最大トルク:45.9kgm/1750〜5000rpm
モーター
最高出力:136ps/2800rpm
最大トルク:40.8kgm/100〜2300rpm

価格:1436万円(テスト車はオプション装備込みで1968万8000円)

https://youtu.be/OciIj4hPjqA

(写真・動画・文/ウナ丼)

システム総合出力462ps! パナメーラ4Eハイブリッドは4ドア版911のよう(http://clicccar.com/2018/02/16/558038/)

【関連記事】【スバル・XV雪道試乗】SUVのスタイリングは伊達じゃない。雪道で発揮されるその実力おそらく震災後初、スバルが東北地方でメディア試乗会を開催【新型レクサス・LS試乗】新型レクサスLSは静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用