コンチネンタルのスポーツタイヤ「MaxContact MC6」は2018年2月から発売開始

コンチネンタルのスポーツタイヤ「MaxContact MC6」は2018年2月から発売開始

コンチネンタルのスポーツタイヤ「MaxContact MC6」は2018年2月から発売開始の画像

コンチネンタルタイヤの第6世代製品であるスポーツタイヤ「MaxContact MC6(マックス・コンタクト MC6)」が、2月から発売されます。オールラウンドタイヤの「UltraContact UC6(ウルトラ・コンタクトUC6)」、スタンダードコンフォートタイヤの「ComfortContact CC6(コンフォート・ コンタクト・CC6)」と並んで第6世代製の中核を担う「MaxContact MC6」は、走りにこだわるドライバー向けのスポーツタイヤ。

「ContiMaxContact MC5」の単なる後継ではなく、よりスポーティな走りを引き出すとしており、さらに安全性やグリップ力、 ハンドリング性能も引き上げられているそうです。

技術面では、3 つの最新技術がトピックス。「マルチファンクショナル・トレッド」、「アダプティブ・グリップ・コンパウンド」、「エクストリーム・フォース・コンストラクション」の「MAX テクノロジー」を採用。

「マルチファンクショナル・トレッド」は、同タイヤ専用のトレッドデザインにより、タイヤの高性能化に貢献するとしています。6 つの機能が4方向からトレッドに加わる力をカバー。これにより、ハンドリングやコーナリングの安定性、ウエットブレーキ性能、グリップ力、ノイズキャンセリングなどを実現するそうです。

特殊な粘着性をもつポリマーが採用された「アダプティブ・グリップ・コンパウンド」は、多様なコンディション下で優れたグリップを生み出すためにあらゆるシーンを想定して設計。

「エクストリーム・フォース・コンストラクション」は、激しいコーナリングや高速走行時のタイヤのたわみを抑制する技術。優れたコントロールとハンドリングを可能にし、タイヤにかかる負荷が小さい低速走行時は、従来のタイヤのカーカス材よりも柔軟性を保つため、路面からの衝撃を吸収し、より快適な走行に貢献するそうです。

一方、高負荷時のコーナリングや高速走行時には、従来と比べてサイドウォール剛性を増すことで、より正確なロードインフォメーションが得られます。「MaxContact MC6」の発売時のサイズは、全42サイズで今後も順次拡大されます。価格はオープンプライスです。

(塚田勝弘)

コンチネンタルのスポーツタイヤ「MaxContact MC6」は2018年2月から発売開始(http://clicccar.com/2018/02/11/558206/)

【関連記事】バハ1000を一人で制したクロカン・ガイ、BJ・バルドウィンに直撃インタビューM/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」【東京オートサロン2018】ポテンザ「RE47」も! モータースポーツを前面に押し出した質実剛健なブリヂストン