【JAPANキャンピングカーショー2018】小さくても大きく使える、大胆にストレッチしたタウンエース・ライトエース(バン)ベースの8ナンバー仕様車

【JAPANキャンピングカーショー2018】小さくても大きく使える、大胆にストレッチしたタウンエース・ライトエース(バン)ベースの8ナンバー仕様車

【JAPANキャンピングカーショー2018】小さくても大きく使える、大胆にストレッチしたタウンエース・ライトエース(バン)ベースの8ナンバー仕様車の画像

夫婦でキャンピングカーを探す際の「あるある」といえそうなのが、旦那さんは「大きなモデルを!」、奥さんは運転など取り回しへの不安から「小さなクルマがいい」ではないでしょうか。

各ビルダーでお話を伺うと、女性でも大きなボディサイズでも全然OKという方もいるそうですが、このような傾向は確かにあるという声をよく聞きます。

「ResortDuo」でお馴染みのStage21が出展していたのは、ライトエースバン/タウンエースバンをベースとした「ResortDuo LUXIO EXE(リゾートデュオ・ルクシオエグゼ)」。乗車定員は6名、就寝人数は大人2名で、特殊8ナンバー登録になります。

ボディサイズは、全長4600×全幅1665×全高1990mmで、ベース車よりも全長が555mm延ばされ、狭い場所でのすれ違いなど取り回しに影響する全幅は維持、全高は90mm高くなっています。なお、車両重量は1450kg、エンジンは1.5Lガソリンで4ATとの組み合わせ。2WDと4WDから選べます。

展示車両は、ブルーの内装がポップな印象で、標準装備されるのは105Ahディープサイクルバッテリー、1500W疑似正弦波インバーター、10Aバッテリーオートチャージャー、走行充電器、ソーラーパネル(180W/ソーラーコントローラー)、冷え蔵X(低電力クーリングシステム)、ルーフベント、冷凍冷蔵庫、電子レンジ、2名就寝用カーテン、全面断熱材施工、シンク(10L給排水タンク)、サイドモールなど。

価格は2WDが399万6000円、4WDが412万6000円です(展示車両はオプション込み、税抜きで405万500円)。

(文/写真 塚田勝弘)

【JAPANキャンピングカーショー2018】小さくても大きく使える、大胆にストレッチしたタウンエース・ライトエース(バン)ベースの8ナンバー仕様車(http://clicccar.com/2018/02/11/558436/)

【関連記事】車中泊旅で最大の難関かも知れない停泊場所さがし:キャンピングカー生活の日常・その7【車中泊女子の全国縦断記】【JAPANキャンピングカーショー2018】ホワイトハウスが新型N-BOXをベースとした「N BOX Camper Neo」を初公開【JAPANキャンピングカーショー2018】日産NV200バネット「マルチベッドワゴン」を初披露