【レクサスRX・LX試乗】RXはシートを増やし、LXはシートを減らす。トヨタ流のきめ細かい対応はレクサスも同じ

【レクサスRX・LX試乗】RXはシートを増やし、LXはシートを減らす。トヨタ流のきめ細かい対応はレクサスも同じ

【レクサスRX・LX試乗】RXはシートを増やし、LXはシートを減らす。トヨタ流のきめ細かい対応はレクサスも同じの画像

レクサスは言わずと知れたトヨタのプレミアムブランドです。プレミアムブランドというと、クルマの主張がしっかりしていて、どちからというとユーザーが提案されたクルマに近づくようなイメージがありますが、そこはトヨタ。たとえレクサスであってもきめ細かい対応をするものです。

そのきめ細かい対応の象徴的な出来事に出会ったの。が先日行われたレクサスの試乗会でのことです。

このレクサスの試乗会はLSのターボエンジンモデルの試乗がメインだったのですが、そのほかにもいくつかの車種が用意されていました。なかでも、注目したのがRXとLXという2台のSUVです。

どちらもパワートレインやシャシー関係などの、一般的に大きな出来事と思われている変更はありませんが、実はものすごく大きなことが変わっています。それは乗車定員が異なるモデルが設定された、ということです。

クルマで一番大切なのはなんと言ってもパッケージングです。どんな大きさで、何人乗れて、どれだけ積める……ほとんどの人はまずここがクルマ選びのスタート地点となるはずです。

RXは初代モデルが国内ではハリアーと呼ばれたミドルクラスのSUVで、スタイリッシュなエクステリアが人気となっています。従来のRXは2列シート5名定員でしたが、今回は3列シート7名定員モデルが追加になりました。多人数乗車ができるクルマの人気が高まっていますが、さすがにレクサスでミニバンを売るわけにはいかないでしょう。そこで現在考えられる手法がRXにサードシートを追加するという方法だったのです。

一方、LXはシートの数が減らされました。正確に言うとオプションとして2列シート仕様が設定されました。LXはランドクルーザー200シリーズと兄弟関係にあるモデルです。過去のランドクルーザーには2列シートモデルが存在していて、それらは1ナンバーの商用バン扱いでした。

現行のランクル200にも2列シートのGXというグレードが用意されていますが、3ナンバー乗用ワゴン扱いです。LXの2列シート仕様は、このGXのレクサス版と考えればいいでしょう。

(文・写真:諸星陽一)

【レクサスRX・LX試乗】RXはシートを増やし、LXはシートを減らす。トヨタ流のきめ細かい対応はレクサスも同じ(http://clicccar.com/2018/02/25/560275/)

【関連記事】もう「聞け!」とは言わせない。JAIA輸入車試乗会でアウディQ7のBang&Olfusenに酔いしれる【レクサス・RX試乗】待望の3列シートモデルは乗り味を変えずに利便性を向上【レクサス・NX試乗】熟成を感じさせるハンドリングの向上と快適な乗り心地が魅力