【レクサス・CT試乗】エントリーモデルのCTも上級モデルと同様の安全装備を装着してアップデート

【レクサス・CT試乗】エントリーモデルのCTも上級モデルと同様の安全装備を装着してアップデート

【レクサス・CT試乗】エントリーモデルのCTも上級モデルと同様の安全装備を装着してアップデートの画像

レクサスブランドのエントリーモデルが5ドアハッチバックのレクサス・CT。CTは3代目プリウスをベースとしたコンポーネンツにレクサスらしい高い質感と走行性能を実現させたモデルです。現行モデルは2011年に登場し、今年で7年目となるモデルですが、2017年8月にマイナーチェンジを行い様々なアップデートを行いました。

CTが行った今回のマイナーチェンジのポイントはスポーティさを強調した外観。利便性が向上したインテリア。そして運転支援システム「レクサスセーフティシステム+」の全車標準装備化による安全性能の向上の3点。

まずはスポーティさを増した外観デザインから見てみましょう。レクサスのアイコンとなっているスピンドルグリルは緻密なスピンドル形状の造形が縦方向に少しずつ変化する新デザインのメッシュグリルを採用。さらに高輝度の金属調にペイントすることで、華やかな上質さを表現しています。

リアコンビネーションランプは発行部の拡大により、視認性を向上させるとともにクルマのワイドさを表現。加えてリアバンパー下部のガーニッシュで重心の低さとスポーティさを強調。ボディカラーはFスポーツ専用の2色を加えて全13色となりました。

利便性が向上したインテリアとして挙げられるのが10.3インチと拡大されたナビのディスプレイ。ナビゲーションやオーディオの情報をより大きく鮮明に表示することで視認性を向上させています。内装色はシート表皮と全8種類のオーナメントパネルとの一体感を高めた2トーンカラーを採用し、カラーラインナップを刷新しました。

CTには上級車と同じ予防安全パッケージ、レクサスセーフティシステム+が標準装備されました。

歩行者も検知して、緊急回避ブレーキを作動させるプリクラッシュセーフティをはじめ、斜線逸脱による事故の予防に貢献する、ステアリング制御機能付のレーンディパーチャーアラート。先行車の車速に合わせて、一定の車間距離を保ちながら追従走行が可能なブレーキ制御付レーダークルーズコントロール。そしてヘッドライトのローとハイビームを自動で切り替えて夜間の歩行者早期発見に効果のあるオートマチックハイビームの4つの機能が採用し、安全性能が大幅にアップデートされました。

マイナーチェンジを行ったCT200hバージョンLに試乗しましたが、エッジの立ったスタイリングに相応しいスポーティな走りを味わえます。フロントとリアにパフォーマンスダンパーを装着しているので、シャープなハンドリングを実現させると同時に走行中に発生する微振動やボディのしなりを素早く吸収。その結果優れた乗り心地と静粛性、さらに走りの質感も欧州のプレミアムブランドに負けない乗り味に仕立てられています。

単眼カメラとミリ波レーダーという2つの異なるデバイスによって前方の車両や歩行者を認識して危機回避などを行うレクサスセーフティシステム+を標準装備したCTの車両本体価格は377万〜477万円となっています。

(萩原文博)

【レクサス・CT試乗】エントリーモデルのCTも上級モデルと同様の安全装備を装着してアップデート(http://clicccar.com/2018/02/22/560943/)

【関連記事】レクサス版C-HR? コンパクトSUVの「レクサス・UX」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】【VW・アルテオン試乗】パサートベースとは思えない俊敏で軽快な走りがアルテオンの魅力【三菱・エクリプスクロス雪上試乗】ドライバーがコントロールする楽しさを残したセッティングでファンな走りを実現