過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUV

過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUV

過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUVの画像

世界中の自動車メーカーがSUVに注力しています。日産自動車も例に漏れず、2017年グローバル販売台数のうちクロスオーバーおよびSUVが前年比12%増の207万台となり、過去最高の台数を記録したと発表しました。

SUVの販売増に貢献したのは、新型コンパクトクロスオーバーのキックスやローグ、エクストレイル、キャシュカイ、大型SUVの新型アルマーダ、コンパクトラグジュアリークロスオーバーのインフィニティQX30が売れているからだそう。地域別では、北米および中国で16%、中南米で94%、それぞれ増加。

キックスは、メキシコや中南米、中国で初めて年間を通じて販売されたことで、グローバルでの販売台数が10万9千台に達しています。キックスは今年、米国およびカナダで発売される予定で、さらにクロスオーバーモデルの台数が増えそうです。

その内訳について日産のダニエレ スキラッチ副社長が説明しています。プラットフォームを共有するローグ、エクストレイル、キャシュカイは、2017年、グローバルで前年比10%増の1,388千台を販売。これにより、このプラットフォームが最も販売台数の多い日産のプラットフォームになっています。

また、米国で新型アルマーダがリリースされ、中東でパトロールの好調な販売が続いていることで、このプラットフォームの販売はグローバルで79%増加し8万台になったとしています。これは、大型のフレーム型SUVは、未だに世界中のお客さまからの人気が高いことを証明しています。

インフィニティでは、2017年にコンパクトラグジュアリークロスオーバーQX30が年間を通じて販売された1年目となり、その販売台数は前年比97%増の3万2千台に。大型SUVのQX80は、引き続き勢いを維持し、グローバルで2万1千台を販売。

さらに、3月には、インフィニティの中型クロスオーバーQX50が発売されます。新プラットフォームをベースに、業界初の可変圧縮比エンジン「VCターボ」と先進的な準自動運転機能が搭載されています。日本では年内にも新型ジュークの登場が噂されています。SUVブームに対する日産、インフィニティのラインナップは万全のようです。

(塚田勝弘)

過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUV(http://clicccar.com/2018/02/20/561210/)

【関連記事】ハリアー、ヴェゼル…人気SUV10車種の気になる「リセールバリュー」を大公開。中古車市場で人気の車種は?【Auto Expo 2018】スズキが次世代の小型SUV「Concept Future S」をワールドプレミア【新車】ロールス・ロイス初のSUVの車名が「カリナン」に正式決定