ボルボのパフォーマンス部門から独立した「ポールスター」が電動車で攻勢

ボルボのパフォーマンス部門から独立した「ポールスター」が電動車で攻勢

ボルボのパフォーマンス部門から独立した「ポールスター」が電動車で攻勢の画像

電動車に特化した「ポールスター」ブランドの立上げを昨年発表したスウェーデンの自動車大手「ボルボ」。同社はその第1弾として、スポーツタイプのPHVクーペ「ポールスター1(ワン)」を10月に発表しました。

ボディに軽量なカーボンファイバーを採用しており、大容量バッテリーとモーターの組み合わせにより、最高出力600hp、最大トルク1000Nmというハイパワーを発生。2019年に少量生産車(500台/年)として市場投入を予定しています。

https://www.youtube.com/watch?v=O5mc-A1RUDs

同社によると、2020年にも本格量産EVセダン「ポールスター2」の発売を予定しているそうで、2019年後半に年間5万台規模で生産を始める模様(価格予想:約530万円)。

さらに2022年には第3弾となるSUV版の「ポールスター3」を投入予定で、これによりPHVクーペ(ポールスター1)、EVセダン(ポールスター2)、EV SUV(ポールスター3)がラインナップされることになります。

ジュネーブモーターショー2018ではポールスター1の市販仕様車の公開が予定されており、ボルボのパフォーマンス部門から独立した「ポールスター」ブランドが次々に放つ電動車に多くの注目が集まりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:Polestar)

【関連記事】

ボルボが2019年以降に「ポールスター」から2車種の本格EVを投入!
https://clicccar.com/2017/10/19/522170/

【関連リンク】

Polestar
https://www.polestar.com/

ボルボのパフォーマンス部門から独立した「ポールスター」が電動車で攻勢(http://clicccar.com/2018/02/22/561810/)

【関連記事】MINI初のEV「MINI E」(仮称)にも高性能モデルの「S」設定へ!【ジュネーブショー2018】公道を走るレーシングカー第三弾、ポルシェ911 GT3 RSを世界初公開日産・リーフが衝突安全性能評価で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。感電保護性能評価試験も適合