日産・リーフが衝突安全性能評価で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。感電保護性能評価試験も適合

日産・リーフが衝突安全性能評価で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。感電保護性能評価試験も適合

日産・リーフが衝突安全性能評価で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。感電保護性能評価試験も適合の画像

とかく予防安全の注目度が高まるいまですが、衝突安全の重要性は変わりません。昨年、7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた日産リーフが「平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)」の衝突安全性能評価において最高評価の「ファイブスター賞」を獲得したと発表しました。

今回、新型リーフが評価された自動車アセスメント(JNCAP)は、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)により、クルマの安全性能を評価し、公表する制度。

この衝突安全性能評価で最高の安全評価となる「☆☆☆☆☆(ファイブスター)」を獲得した日産リーフ。208満点中179.4点で5つ星と評価されています。なお、衝突安全性能評価の乗員保護性能評価では94.78点(100点満点)という高い評価を獲得。

加えて電気自動車などが衝突事故を起こした際、乗員に高電圧による感電が起きないかが評価される「感電保護性能評価試験」においても、すべての評価で「適合」と判定されています。

バッテリーパックを守る堅固なバッテリー保護構造やレイアウトと車体構造の工夫による高電圧部品保護、衝突を検知して高電圧を遮断する「高電圧遮断装置」による高電圧保護設計を採用することで、感電保護性能評価適合に貢献したとしています。

リーフは通常の衝突安全性能に加えて、徹底した高電圧保護設計がされていると表明していましたが、自動車アセスメント(JNCAP)でも高く評価、判定されたことになります。

(塚田勝弘)

日産・リーフが衝突安全性能評価で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。感電保護性能評価試験も適合(http://clicccar.com/2018/02/22/561877/)

【関連記事】トヨタが電動車の開発拡大で独ニュルブルクリンクを模したテストコース新設へ10年以内に不足する? トヨタが開発した省ネオジム耐熱磁石は電動化拡大に向けての大きな布石過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUV