雪女もびっくり。スバルが吹雪の苗場をジャック! 人気のゲレンデタクシーをはじめ、さまざまなイベントを開催

冬の風物詩としてすっかりおなじみとなったSUBARUの「ゲレンデタクシー」。これはフォレスターなどスバルのAWD車がお客さんを乗せてゲレンデを駆け上がるという非日常的な体験アトラクションです。

2018シーズンは北海道の「サッポロテイネ」、岩手の「安比高原」、長野の「栂池高原」そして新潟の「苗場」と4つの会場を舞台とした史上最大スケールで開催。年々知名度も上がり、今やゲレンデタクシーに乗るためにそのスキー場を訪れる人もいるというほどの人気イベントに成長しているんですよ。

そんなゲレンデタクシーの2018年シーズンを締めくくるのが2月17日から18日にかけておこなわれた苗場会場。しかも、ゲレンデタクシーの5周年を記念して「SUBARU SNOW FES in NAEBA」として盛大に開催するというから、出かけてきました。

プログラムは、ゲレンデタクシーにはじまり雪上ドライビング試乗体験、林道クロスカントリー試乗体験、新井敏弘選手&鎌田卓麻選手によるラリードライビング同乗体験、ゲレンデ脇の特設コースでダンスのような走りを見られるWRX STIエキサイティングドライブ、そしてゲレンデで打ち上げ花火とWRX STI がコラボレーションするパフォーマンスなど、盛りだくさん。まさに「SUBARUが苗場をジャック」です。

しかしながら当日の苗場はなんと吹雪。雪女が出現しそうなこんな悪環境なら多くのイベントが中止だろう……と思いきや、可能な限り頑張るのはさすがSUBARU。花火など一部の企画はキャンセルされましたが、ほとんどのプログラムが開催されました。雪女もびっくりですよ。

それにしても、苗場スキー場の駐車場のスバル車比率の高いことにはちょっと驚き。しかも、「ゲレンデタクシー」のステッカーを張ったクルマ(スキーキャリアを装着していたし遅めの時間に来たのでイベント関係者ではないはず)も見かけたりして、スバリスト魂を感じられずにはいられませんでしたね。

これだけ多くの企画があるのに、参加費は一切かからないしゲレンデタクシーをはじめ当日参加可能なプログラムも多い。それもこのイベントの人気の理由なのかもですね。

(工藤貴宏)

雪女もびっくり。スバルが吹雪の苗場をジャック! 人気のゲレンデタクシーをはじめ、さまざまなイベントを開催(http://clicccar.com/2018/02/22/561965/)

【関連記事】【試乗】SUBARU AWDで雪国の「普通の道」を走る。インプレッサSPORT 2.0-S EyeSight編【スバル・インプレッサ雪道試乗】学級委員みたいな優等生なのに、運動会でも活躍しちゃうタイプ!?【スバル・インプレッサ雪道試乗】氷上の「羊の皮を被った狼」。その実力が冬の東北で花開く