フェラーリパワーを移植!マセラティ・レヴァンテ、570馬力の最強「GTS」投入へ

マセラティ初のクロスオーバーSUV「レヴァンテ」の高性能モデルとなる「レヴァンテ GTS」市販型プロトタイプをカメラがとらえました。

捉えた開発車両、大型化されたラジエーターグリルには牙のような4本の縦スラット、隠されていますがバンパーには大型のエアインテークが装備されます。そのほか、大径クワッドエキゾーストパイプやイエローのブレーキキャリパーが装着されています。またサスペンションは専用のセッティングがされるようです。

パワートレインは、新世代のZF製8HP8速ATと組み合わされるフェラーリ製3.8リットルV型8気筒エンジンが予想されています。最高出力はポルシェ『カイエン ターボ』を凌ぐ570ps・最大トルク700Nm以上を発揮しそうです。フェラーリは、ブランド初のクロスオーバーSUVを2020年にも市場へ投入すると噂されていますが、それまで待てない人たちには朗報かも知れません。

ライバルは、ポルシェ「カイエン ターボ」、ランドローバー「レンジローバー SVR」、BMW「X6 M」らと想定され、3月のジュネーブモーターショーでの初公開が期待されています。

(APOLLO)

フェラーリパワーを移植!マセラティ・レヴァンテ、570馬力の最強「GTS」投入へ(http://clicccar.com/2018/02/25/562120/)

【関連記事】3月公開のメルセデスAMG GTクーペ、コックピットを先行キャッチアウディ・S6アバント次期型、2.9リットルV6新エンジンは470馬力フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチ