スズキ・エスクード次期型は、新開発48Vマイルドハイブリッド&クーペスタイルか!?

スズキ・エスクード次期型は、新開発48Vマイルドハイブリッド&クーペスタイルか!?

スズキ エスクード新型 予想CG

■1.4リットル直4「ブースタージェット」+マイルドHVで燃費は20kmへ
スズキのコンパクト・クロスオーバーSUV「エスクード」(海外名:ビターラ)次期型に関する情報を入手、予想CGを制作しました。

エスクードは1988年に初代が誕生、ライトクロカンという新しい市場を牽引しました。1997年には2代目が登場、居住空間が大幅に向上しています。3代目は2005年に発売、グローバル市場では「Grand Vitara」として人気を博しました。

現行モデルとなる4代目は、2013年にコンセプトモデル「iV-4」として初公開され、その後2015年に発売。「ミリ波レーダー」をフロントグリルに内蔵するなど、安全性能も強化されています。そしていよいよ第5世代へと進化します。

次期型では、全体的シルエットが角から丸みを帯びたデザインとなることが予想されます。Aピラー、Cピラー共に傾斜がつけられ、クーペスタイルが特徴となりそうです。サイドには立体的キャラクターライン、ワイド感溢れるFRの張り出しで存在感が増しそうです。またヘッドライト、グリルは細く、シャープなデザインでバランスがとられるほか、両サイドデフューザーは迫力ある大柄なカットデザインなどが採用されそうです。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒「ブースタージェット」ターボエンジン、及び1.4リットル直列4気筒「ブースタージェット」ターボ+新開発48Vマイルドハイブリッドエンジンのラインアップが予想され、燃費は20km近くまで向上する可能性もあります。

安全技術では、優れた走破性と走行安定性を実現する新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」の最新バージョンを搭載、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのドライビングモードすべてに進化が見られるでしょう。

エスクード新型のワールドプレミアは、2020年秋以降に期待できそうです。

(APOLLO)

スズキ・エスクード次期型は、新開発48Vマイルドハイブリッド&クーペスタイルか!?(http://clicccar.com/2020/02/14/954394/)

【関連記事】