フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチ

フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチ

フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチの画像

スズキの元祖ライトクロカン「エスクード」改良型プロトタイプをスカンジナビアで捕捉しました。

「エスクード」は、1988年発売以来、30年間も人気を保っているSUVです。捉えた開発車両は、フロントマスクに厳重なカモフラージュがされており、大刷新される可能性があります。

レポートでは、ハニカムメッシュのラジエーターグリルを装着し、スポーティーになるとあります。またテールライトには、最新のLED技術が導入されるようです。グリルのすぐ下にはセンサーを配置され、デュアルセンサーブレーキサポートを始め、最新鋭の安全運転支援システムが搭載されるはずです。

パワートレインは、1.4リットル直噴ターボエンジンがキャリオーバーされると思われますが、さらなる燃費の改善が期待出来そうです。。室内ではトリム類の見直しが予想されます。

ワールドプレミアは、ジュネーブモーターショーの可能性もあるようです。

(APOLLO)

フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチ(http://clicccar.com/2018/02/24/562641/)

【関連記事】新型オールスターの共演!スープラ、3シリーズ、Z4のプロトタイプが集結MINI初のEV「MINI E」(仮称)にも高性能モデルの「S」設定へ!BMW最強オープン「M8カブリオレ」をキャッチ!V12モデルも準備OK