TOYO TIRESはSUV、スポーツ、オフロードの3つを軸にアピール【大阪オートメッセ2020】

TOYO TIRESはSUV、スポーツ、オフロードの3つを軸にアピール【大阪オートメッセ2020】

大阪オートメッセ2020TOYO TIRESブースの左から宮澤里緒菜さん、久保まいさん、水口みかさん

■3つのテーマを3人の美女がお出迎え!
2月14-16日開催される大阪オートメッセ 2020。お膝下とも言えるTOYO TIRESは、三菱エクリプス クロス、GRスープラ D1GP出場車両、Jeep GLADIATOR Rubiconを展示しています。

つまりこれは、SUV、スポーツ、オフロード系の製品を中心にアピールを行っているというワケです。
●SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY R/T」
三菱エクリプスクロスに装着されるSUV用タイヤは、「OPEN COUNTRY R/T」。道無き道を走りながら国境を越えて競うアジアクロスカントリーラリーや、オフロードを高速で走り回るメキシコBAJA1000などで好成績を納め、その信頼度はお墨付きのOPEN COUNTRYシリーズの中で、ワイルドなトレッド面を持ちつつ街中での使用も十分に考慮したこれからのSUV向けタイヤです。今回はサイドウォールがホワイトレターになっているのも特徴。

なお、展示されるエクリプス クロスは、「週末探検家仕様」となっているので、タイヤのみならず車両にも注目です。
●スポーツ系タイヤ「PROXES R888R Drift」
そして、スポーツ系をアピールするGRスープラ D1GP仕様には、言わずと知れたTOYO TIRESスポーツ系タイヤのフラッグシップ「PROXES R888R Drift (プロクセス・アールハチハチハチアール・ドリフト)」を装着。高いドライグリップ性能と優れたトラクション・コントロール性能の両立は、非対称のトレッドパターンから明らか。その目で、触れて、確かめてはいかがでしょう。

もちろん、ノーマルとまったく違うGRスープラのD1マシンを間近でじっくり見られることはそれほどあるチャンスではありません。
●本格オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」
それから、オフロードレースやラリーでの経験を開発にフィードバックさせながら熟成を重ね、実力を高めてきた本格オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を装着するのは、「Jeep GLADIATOR Rubicon」。Jeepブランドでも珍しいピックアップトラックで、左右ドアは取り外すことができるので、ぜひ会場では左右から眺めください。日本ではなかなか見ることができない車両なので、好きな人にはこのために足を運ぶのもアリかと思います。

●TOYO美女三姉妹の久保まいさん、水口みかさん、宮澤里緒菜さん
そして、TOYO TIRESブースを彩ってくれるのが、東京オートサロン2020でもTOYO TIRESブースで活躍した久保まいさん、水口みかさん、宮澤里緒菜さんの3名タイヤと一緒にいっぱい写真を撮ってください、とのことでした。

タイヤ目当てでも、展示車両目当てでも、久保まいさん、水口みかさん、宮澤里緒菜さん目当てでも、ぜひ6BホールのTOYO TIRESブースに立ち寄ってみてください!

(文・写真:小林和久)

TOYO TIRESはSUV、スポーツ、オフロードの3つを軸にアピール【大阪オートメッセ2020】(http://clicccar.com/2020/02/14/954702/)

【関連記事】