【中古車】狙い目はハイブリッド車!? アルファード/ヴェルファイアの現行前期型中古車をチェック

【中古車】狙い目はハイブリッド車!? アルファード/ヴェルファイアの現行前期型中古車をチェック

【中古車】狙い目はハイブリッド車!? アルファード/ヴェルファイアの現行前期型中古車をチェックの画像

中古車相場が活発に動くタイミングとして、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの直後が挙げられます。

ミニバンの王様と言われて、非常に人気が高いのがトヨタ・アルファード/ヴェルファイア。2017年12月にマイナーチェンジが行なわれましたが、最新の中古車相場の動きから前期型の狙い目グレードが見えてきました。

今回行われたアルファード/ヴェルファイアのマイナーチェンジでは内外装の変更に加えて、ボディ剛性の向上による操縦安定性と乗り心地の実現。3.5LV6エンジンの改良と8速ATの搭載。第2世代となる予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の全車標準装備化。そしてゆとりのセカンドシートを備えるエグゼクティブラウンジをエアロモデルにも追加設定など盛りだくさんです。

普通のクルマであれば、これだけ大きなマイナーチェンジを行うと中古車相場は大幅値落ちとなるのですが、さすがはミニバンの王者と言われるクルマは違います。

直近3カ月の平均相場の動きを見ているとヴェルファイアは404万円をキープしほぼ横這い。一方のアルファードは406万円から412万円へと値上がりするなど予想に反した動き。しかも、アルファードの中古車は12月末に時点で約650台も流通していましたが、現在は約400台と減少しネガティブな要素もあります。

一見するとアルファード/ヴェルファイアほどの人気車種になるとマイナーチェンジの影響はほとんど受けないように見えましたが、細かくデータを見ていたら、ハッキリと値落ちしお買い得になっているグレードを発見できました。

現在、ミニバンに限らず中古車は使用する燃料がハイオクとなる大排気量エンジン搭載車は嫌われる傾向が強いのです。アルファード/ヴェルファイアでもレギュラーガソリン仕様で新車時価格が比較的リーズナブルな2.5L車に人気が集中しています。

アルファードで言えば、エアロ仕様の2.5S CパッケージのFF車は新車時価格が417万3709円にもかかわらず、現在の平均価格は約447万円。ヴェルファイアでも同様に2.5G Zエディションは約437万円付近を横這いで推移している状況です。

このように横這いや小幅な値落ちにとどまっているグレードが多いアルファード/ヴェルファイアの中で軒並み大幅な値落ちを示しているのがハイブリッド車です。

2.5L車に比べると中古車の流通台数も少なめですが、例えばエアロ仕様のアルファードハイブリッドSR Cパッケージはこの3カ月で平均価格は約524万円から約512万円へと12万円の値落ち。比較的流通台数の多い最上級グレードのエグゼクティブラウンジは直近の3カ月で約50万円値落ちし、平均価格は約610万円まで下がっています。

同様にヴェルファイアでもエアロ仕様のハイブリッド2.5ZRの平均価格が約450万から約425万円。そして、エグゼクティブラウンジは約598万から約545万円へと大きく値落ちしているのです。この値落ちによって、2.5L車とハイブリッド車の新車時価格の価格差はグンと縮まったことで、ハイブリッド車に値頃感が出ているというわけです。

まだ500万円を超える中古車が多い高級車ですが、新車時価格からの値落ちや装備の充実度を考えると今、アルファード/ヴェルファイアの中古車を購入するならハイブリッド車が狙い目ということは言えるでしょう。

(萩原文博)

【中古車】狙い目はハイブリッド車!? アルファード/ヴェルファイアの現行前期型中古車をチェック(http://clicccar.com/2018/02/26/563237/)

【関連記事】ハリアー、ヴェゼル…人気SUV10車種の気になる「リセールバリュー」を大公開。中古車市場で人気の車種は?【アルファード/ヴェルファイア試乗】圧倒的な静粛性、力強さが魅力のV6エンジン搭載車中古車買取販売のGulliverが『ガリバーな2月の決算SALE』の新CMに女優の真野恵里菜さんを起用