世界トップレベルの熱効率を誇る、「TNGA」による直4・2.0L直噴エンジン・トヨタ「Dynamic Force Engine」

2018年2月26日、TNGAによる新型パワートレーンが発表されました。今回は、新世代の2.0Lの直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine」についてご紹介します。

この2.0Lガソリンエンジンは、ガソリン車(コンベンショナルガソリンエンジン)、ハイブリッド車向けで、世界初のレーザーピットスカートピストンにより低フリクション化を果たしているほか、高速燃焼技術や可変制御システムを搭載し、排気、冷却、機械作動時などでのエネルギーロスを抑え、熱効率を向上させるとともに高出力を実現したとしています。

新開発の2.0Lガソリン車用エンジン・ハイブリッド車用エンジンは、それぞれ、世界トップレベルとなる熱効率40%、41%を達成。

また、従来型エンジンよりも低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、日本の平成30年規制や米国のSULEV30、欧州のEuro6、中国の国6など、各国の排気ガス規制にも先行して対応。

気になるオクタン価は日本であればレギュラーガソリンに対応するなど、国や地域のガソリンに対応するそうです。

さらに、2.0LのTHSU(トヨタハイブリッドシステム)は、CO2削減と0-100km/h加速という、相反する要素を向上させながら、4代目プリウスに採用された小型、軽量、低損失化技術を受け継ぎ、加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感を実現したとのこと。

具体的には、エンジン回転数の初期回転を下げながらよりリニアに上昇させ、その分電池電力で加速度を補うといったハイブリッドの利点が活かされているそう。今回の新2.0Lガソリンエンジンは、日本や中国、北米、南米、欧州などで順次現地生産するとしています。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、トヨタ自動車)

【関連記事】

ギヤ駆動とベルト駆動を組み合わせた「TNGA」世代の2.0Lクラス向け新型CVT・トヨタ「 Direct Shift-CVT」
https://clicccar.com/2018/02/27/563496/

世界トップレベルの熱効率を誇る、「TNGA」による直4・2.0L直噴エンジン・トヨタ「Dynamic Force Engine」(http://clicccar.com/2018/02/27/563483/)

【関連記事】ギヤ駆動とベルト駆動を組み合わせた「TNGA」世代の2.0Lクラス向け新型CVT・トヨタ「 Direct Shift-CVT」【デトロイトショー2018】トヨタ自動車が新型「AVALON」をワールドプレミア。日本への導入の可能性は?トヨタ自動車が2019年に新型「RAV4」を国内市場に再投入か?(続報)