トヨタが「TNGA」による自動回転合わせ機構を搭載した世界最小クラスの新型6MTを開発

日本はATやCVT、DCTなどの2ペダルが主流ですが、欧州をはじめとした世界ではMTの比率が依然として高くなっています。トヨタが発表した新型6MTの目玉は、7kgというMTではかなり大きな質量低減、24mm短縮された全長といった世界トップクラスの小型軽量化。

質量は従来の47kgから新型は40kg、全長は396mmから372mmまで短くなっています。なお、許容トルクは280Nm。

全長の短縮化では、リバース用シャフトの追加やギヤストッパー構造化、ニードルベアリングの廃止などが寄与しているほか、ハブ薄肉化による軽量化、ギヤのイズ低減などが盛り込まれています。

伝達効率も世界トップクラス(2018年2月時点、トヨタ調べ)を実現しているほか、今まで他社などのスポーツカーにも搭載されてきた自動でのエンジン回転合わせ機能(Intelligent Manual Transmission)も注目。ほかにも、リバース専用シンクロの採用など、高効率でしかもドライバーの負担を軽減するというフィーリング向上にも期待が高まります。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、トヨタ自動車)

トヨタが「TNGA」による自動回転合わせ機構を搭載した世界最小クラスの新型6MTを開発(http://clicccar.com/2018/03/01/563588/)

【関連記事】トヨタの新型4WDシステムは、後輪左右のトルク制御と自動的に2WDに切り替える機構を搭載【ジュネーブショー2018】欧州トヨタが3代目「オーリス」を出展。日本向けはカローラ系に統合される?愛知県にニュルブルクリンクが出現!? トヨタが新鋭テストコースを建設中