最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】

最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】

最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】の画像

以前お伝えしたように、フォルクスワーゲンの電動コンセプトカー「I.D. VIZZION」がワールドプレミアされました。ボディサイズは全長5163×全幅1947mm×全高1506mmで、ホイールベースは3100mm。225kWのシステムパワーを発生する前後2モーター、4WDシステムを搭載し、最大665kmの航続距離を実現。フロントモーターは75kWのコアキシャル(同軸)駆動で、リヤにはコンパクトな150Kwのモーターが採用されています。

同車は完全な自動運転車両として設計されていて、車内は運転席やステアリングホイール、ダッシュボード、ペダル類までなく、ラウンジのようなオープンスペースが広がっています。

フォルクスワーゲンは、自動運転の「レベル4」、「レベル5」の完全自動運転が2025年には実現すると考えていて、そのビジョンを示すモデルでもあります。

同コンセプトカーには、近距離を担当するレーザースキャナー、超音波センサーおよびレーダーセンサー、遠距離を担うレーダーセンサーを搭載。

さらに、フロントおよびリヤカメラ、サイドエリアビューカメラなどのネットワークによって自車周辺を把握。リアルタイムの交通情報がクラウド経由で常時アップデートされ、「I.D. VIZZION」が蓄積したデータと比較。車両同士をネットワーク接続することで近接環境(Car-2-Car)とより広い環境(Car-2-X)でスウォームインテリジェンス(群知能)を活用できるそう。さらに、同コンセプトカーには、高解像度デジタルマップがナビゲーションに統合されています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【ジュネーブモーターショー2018】VWの「I.D. VIZZION」は、EV&自動運転を掲げるだけでなくデザインの将来像も示す
https://clicccar.com/2018/02/21/561555/

最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/03/06/566071/)

【関連記事】トヨタ自動車が3代目「オーリス」をワールドプレミア!2種類のハイブリッドをラインナップ【ジュネーブ・モーターショー2018】次期レヴォーグを示唆!?「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」はツアラーがテーマ!【ジュネーブモーターショー2018】【ジュネーブモーターショー2018】三菱自動車が「Android Auto」対応オリジナルアプリのデモを実施