正式発表は10月!? BMW最小の新型「4ドアクーペ」とは?

BMW「2シリーズ」に新たにラインアップが噂される「2シリーズ グランクーペ」の予想CGを入手しました。

入手したCGは、スポーティなルックスとセダンのエレガンスが見事に融合されたルックスが見て取れます。

BMW最新世代のLEDデイタイムランニングライト、エアスプリッター付きベンチレーションなど、「4シリーズ グランクーペ」から継承されるデザインです。BMWの最小セダンとしては、「1シリーズ セダン」が存在しますが、中国市場限定モデルのため、日本市場に投入されれば、これが最小の4ドアセダンとなります。

プラットフォームには、『2シリーズ アクティブツアラー』及び『X1』と共有する「UKL」が採用されるようです。全長は4.5m程度と思われ、メルセデスベンツ『CLA』と真っ向からぶつかるファストバックスタイルとなります。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジン、2リットル直列4気筒エンジンのほか、48Vマイルドハイブリッドモデルの登場も噂されています。現段階では、最強「M」モデルは登場しないと見られ、ハイエンドモデルとしては、「M Performance」が設定される可能性があります。

ワールドプレミアは、2018年10の予想です。

(APOLLO)

正式発表は10月!? BMW最小の新型「4ドアクーペ」とは?(http://clicccar.com/2018/03/14/568049/)

【関連記事】BMW Team Studieの次なる挑戦は「ブランパンGTシリーズ・アジア」。BMW M4 GT4でフル参戦ポルシェ・マカン、初の大刷新へ!これがディテールだBMW3シリーズ次期型の走り! 直4エンジンが「駆けぬける歓び」を披露