メーカーの担当者を直撃!SUBARUの人気イベント「ゲレンデタクシー」が愛される理由とは?

メーカーの担当者を直撃!SUBARUの人気イベント「ゲレンデタクシー」が愛される理由とは?

メーカーの担当者を直撃!SUBARUの人気イベント「ゲレンデタクシー」が愛される理由とは?の画像

SUBARUは、今年も「SUBARUゲレンデタクシー」を全国4カ所のスキー場で開催し、大盛況のうちにすべての会場のイベントを終了しました。

今年で5周年を迎えたゲレンデタクシーは、クリッカー読者の皆様ならご存知かと思いますが、主な内容はスキーヤーやスノーボーダーをリフトの替わりにスバルのSUVで頂上まで運ぶ体験型イベントです。

実際にゲレンデタクシーのステアリングを握るのは全日本ラリー選手権に参戦中の新井 敏弘選手や鎌田卓麻選手といった国内トップレベルのドライバーをはじめとしたプロドライバー。SUBARUの高い走破性とプロドライバーによる非日常的な走りを体験できる「エンターテイメント型体感試乗」という部分が人気の秘密となっています。

実際、毎年ゲレンデタクシーの取材を続ける筆者ですが、会場と試乗するモデルは変われど、主な内容はこれまで変更されることはありませんでしたが、それでも「今年もゲレタク行くぞ!」という声や「今日はフォレスターとXVに乗った!目指せ!全車種制覇!」といったSNSへの書き込みを見かけるほどリピート率も高い。実際に会場でも「今日は5回乗りました!」といった声が聞かれるほど、その魅力は試乗した人を虜にしています。

やはり、ゲレンデという急斜面を、スタッドレスタイヤだけで市販車が登って行くという非日常、普通に街中を走っているSUVでも競技車両のような走りを提供してくれるところに惹かれている人が多いようです。

もちろん、筆者をはじめ、ウインタースポーツを趣味とされる方は、古くからSUBARUを愛用している人が多く、スキー場の駐車場ではSUBARU車の多さに驚かされます。

しかもSUVやステーションワゴンモデルだけでなく、WRX STIをはじめとしたスポーツモデルも数多く止まっていることも特徴的です。

今回5周年を迎えた「ゲレンデタクシー」について株式会社SUBARU 国内営業本部 マーケティング推進部 宣伝課 主事の吉田 隆幸さんにお話を伺いました。

今年で5周年を迎えるゲレンデタクシーですが、今シーズンの締めくくりとして苗場スキー場というメガゲレンデでイベントを開催させていただきました。これは5周年だからというより、もっと多くの人にゲレンデタクシーを知っていただこうということで、苗場という知名度の高いメガゲレンデを選択しプログラムの内容もゲレンデタクシーやデモランといった既存のコンテンツに加え、雪上ドライビング体験、林道クロスカントリー試乗体験といった実際に参加された方がステアリングを握ってSUBARUの走りを体験していただくコンテンツもご用意しました。デモランについても「見る」だけではなく、実際に同乗していただき、ゲレンデタクシーとは異なるSUBARUの高い次元の走りも体験していただけるような内容となっています。

やはり、雪道に強いSUBARUといわれておりますが、体感していただくのが最も効果的なプレゼンテーションということもあり、今回は”ゲレンデタクシー苗場ジャック”といったカタチで開催させていただきました。

実際に、ゲレンデタクシーを体験していただいた後に、ディーラーに足を運んでいただきクルマを購入していただいたという声も寄せられており、お客様にSUBARUを知っていただく有意義なイベントだと感じております。

元々SUBARUをよく知るお客様はもちろん、SUBARUのクルマをご存じない方でもこのインパクトは強烈ですよね。もちろん来シーズンも開催を予定しておりますが、内容についてはもっともっとお客様に喜んでいただき、SUBARUを知っていただけるようなコンテンツを考えておりますので、ぜひご期待ください。

今回の苗場でのゲレンデタクシーでは雪上ドライビング体験、林道クロスカントリー試乗体験といった体験試乗も実際に体感させていただきましたが、ステアリングを握り、特設コース内で「X-MODE」や同一車種で方式の異なる2つのAWDシステムを体験できるのはSUBARUオーナー以外の人に広くその高い走破性や安定した走行性能を体験してもらえる絶好の機会だったといえるでしょう。

また、これまでのデモランは外から見るショー形式のものだったが、実際に同乗することのできるアトラクション形式へと進化したこともゲレタクファンには好評でした。

もちろん、ラリーマシンを使ったデモランも開催されたが、吹雪の夜間といったコンディションにもかかわらず、多くのファンが詰めかけ、迫力の走りに歓喜が沸き起こる会場には、これからSUBARUを体験するひとだけでなく、これまでの「スバリスト」たちもしっかりと楽しむことのできる魅力的なイベントに成長したといえそうです。

(文:井元 貴幸 写真:井元 貴幸・今泉 史・株式会社SUBARU)

https://www.youtube.com/watch?v=oKAD7iM2nyU

メーカーの担当者を直撃!SUBARUの人気イベント「ゲレンデタクシー」が愛される理由とは?(http://clicccar.com/2018/03/18/568580/)

【関連記事】今年のスバルのモータースポーツ活動は、ファンとチームとの一体感を強化【ニューヨーク国際自動車ショー2018】5代目スバルフォレスターは「VIZIV FUTURE CONCEPT」をモチーフに3月28日登場SUBARUの貴重なモータースポーツ参戦車両や歴代のSTIコンプリートカーが集結【MOTOR SPORT JAPAN 2018 Festival in Odaiba】