今年のスバルのモータースポーツ活動は、ファンとチームとの一体感を強化

モータースポーツシーズン開幕直前に毎年恒例の各カテゴリーの監督・選手が集まり、ファンとの交流によってスバルチームの一体感を強化するというイベント「SUBARU 2018 モータースポーツファンミーティング」。今年は3月11日にスバル恵比寿ショールーム「SUBARU STAR SQUARE」で行われ、抽選によって選ばれたファン150名が参加しました。

今シーズンのSUPER GTは GT300クラスにBRZで、ニュルブルクリンク24時間レースにはWRX STIで参戦。井口卓人・山内英輝の両選手が参加したほか、SUPER GTの渋谷真監督、ニュルブルクリンク24時間レースの辰己英治監督が登場し今シーズンに向けての抱負を語りました。マシンは既にテスト中で好結果が出ており、2018年は応援が楽しみなシーズンとなりそうです。

全日本ラリー選手権には、新井敏弘・鎌田卓麻・勝田範彦選手の3選手が登場。シリーズ優勝連覇を目指している勝田選手を筆頭に、普段から仲が良いため笑いの絶えないトークショーとなりました。

86/BRZ Raceには、久保凛太郎・池島実紅・井口卓人選手が参戦。ワンメイクレースで改造できる範囲の狭いドライバーの力量が試されるレースで面白いうえに、スーパーGTではなかなか話しかける事が出来ないドライバーとの距離が凄く近いのでぜひ会場まで足を運んでほしいとの事でした。

トークショーの後は会場のファンとの交流の時間。グッズ抽選会のコーナーでは、入場時に配られた番号が当たった幸運なファンが、お宝アイテムを手にし喜んでいました。

3種類のアトラクションも行われ、ドライバーとの対決に会場は大盛り上がりとなりました。

また、昨年より始まった#スバコミモータースポーツ応援プロジェクトが今年も行われることが発表されました。

スバコミモータースポーツ応援プロジェクトとは、スバルのモータースポーツ活動とスバルファンを繋げ、より一層モータースポーツを盛り上げていくための活動です。スバコミのキャラクター「スバコミベアドッグ」の生みの親、中野シロウさんと応援プロジェクトマネージャーの井元貴幸さんが今年の応援プロジェクトについての活動内容を紹介しました。

スーパーGT、全日本ラリーの主な開場では昨年より応援メッセージを募集しており、たくさんメッセージがチームに届けられました。今年は応援プロジェクトのページより応援メッセージを送る事が出来るようになりファンの皆さん同士の交流もしやすくしていくとのこと。

今年も主ないくつかのレース会場では応援メッセージを集め、スバコミ・ツイッターなどのSNSで拡散すると、オリジナル応援手旗がもらえます。

さらに、ニュルブルクリンク24時間レース応援企画が今年も実施されるとの事で、井元貴幸さんがニュルブルクリンクレース車両に応援プロジェクトステッカーを貼り、スバコミモータースポーツ応援プロジェクト2018を宣言しました。

当日はSUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」の新コスチュームが発表され、レースクイーンファンの注目も集めました。BREEZEはスーパーGTで会えますが、その他のイベントにも多数出演する事があり、なんと昨年はスバル車のオフ会にも参加しました。BREEZEの公式ツイッターをチェックすれば、思わぬところで会えるかも。直近では、4月14日・4月15日お台場にて開催される「モータースポーツジャパン2018」SUBARUブースへの出演が決まっています。

モータースポーツジャパン2018では、「SUBARU 60th 特別企画あなたの愛車を展示しよう!」と題して車種限定で展示車両を募集しています。その他、今年よりスタートした「SUBARUスタンプラリー」等々、スバルファンなら楽しめるコンテンツがいっぱい。スバルWEBコミュニティ#スバコミ(登録無料)を使い倒して存分に楽しんでみてはどうでしょうか?

(Text by sin Photo by 土屋 勇人)

今年のスバルのモータースポーツ活動は、ファンとチームとの一体感を強化(http://clicccar.com/2018/03/17/568882/)

【関連記事】【ニューヨーク国際自動車ショー2018】5代目スバルフォレスターは「VIZIV FUTURE CONCEPT」をモチーフに3月28日登場SUBARUの貴重なモータースポーツ参戦車両や歴代のSTIコンプリートカーが集結【MOTOR SPORT JAPAN 2018 Festival in Odaiba】BMW Team Studieの次なる挑戦は「ブランパンGTシリーズ・アジア」。BMW M4 GT4でフル参戦