【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?の画像

3月30日から4月8日まで開催されるニューヨーク国際自動車ショー。以前お伝えしたように、今年の目玉は新型SUBARUフォレスターだけではありません。トヨタは、新型「カローラハッチバック」(米国向け車名・米国仕様)を初披露すると発表しました。

米国では「カローラiM」の後継モデルとして、2018年夏に「カローラハッチバック」として発売されます。なお日本では、2018年初夏からトヨタカローラ店を通じ、販売を開始する予定だそう。日本での車名がオーリスになるか、カローラハッチバックになるか、あるいは一部で予想されているように、カローラスポーツになるか現時点では明らかにされていません。

新型カローラハッチバックの外観は、スポーティさに磨きをかけるとともに、たくましさや力強さが付与され、内装では、シンプルかつ上質なデザインの実現に取り組んだとしています。

走りも注目。トヨタが進めるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture(TNGA)」のもとで開発されたプラットフォームや新型パワートレーン(2.0L Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MT)により、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上させたそう。

外観のデザインコンセプトは「シューティングロバスト」。「シューティング」は、スポーツクーペの要素を持つ勢いのあるスタイリングを意味し、「ロバスト」は、骨格のたくましさ、力強さなど基本性能の高さを意味。

フロントは、台形形状の大型ロアグリルにアッパー部を合わせることで、立体的な造形へと進化した「キーンルック」を表現。カローラハッチバックのスポーティさやワイド感が表現されています。ヘッドランプには、J字形状に光るBi-Beam LEDが採用され、スタイリッシュなフロントデザインが強調されています。

リヤは、サイドからセンターのバックドア周辺に向けて大きく絞ったフォルムとされ、両サイドは、大胆に張り出したフェンダーやバンパーサイドの造形により、立体的かつワイドなデザインを実現。

バックドアには樹脂材料が採用され、軽量化だけではなく、前方への傾斜角がより大きい形状を可能にすることで、スポーティな外観を引き立てています。

ボディサイズは、全長4370×全幅1790×全高1435mmで、ホイールベースは2640mm。現行カローラiMと比べて、全長が40mm長く、全幅は30mmワイド、全高は25mm低くなっています(米国仕様)。

(塚田勝弘)

【関連記事】

新型スバル・フォレスターが世界初公開【ニューヨーク国際自動車ショー2018】
https://clicccar.com/2018/03/14/568333/

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックを初披露。 日本では今夏発売で車名は「カローラ●●●」?(http://clicccar.com/2018/03/23/571251/)

【関連記事】【ニューヨーク国際自動車ショー2018】トヨタ・カローラハッチバックの内装、安全装備は?サーキット走行シーンは超見物!「トヨタ2000GT」フリークには堪らないTVドラマは28日オンエア「タフ」さをウリに50年。トヨタがハイラックス50周年特設サイトを開設