実燃費で20km/Lを表示! ゴルフ普通のガソリンエンジンがハイブリッド並み!! では、パサートディーゼルは?

先日、現行型のフォルクスワーゲン・ゴルフで移動する機会がありました。グレードは「TSIコンフォートライン」でエンジンは1.2Lターボ。いわゆるダウンサイジングユニットではありますが、ハイブリッドではありません。言ってしまえば普通のエンジンです。

首都高速道路に入り、走り始めて25kmほど過ぎた時点でふと気が付きました。燃費計が凄いことになっている……!

なんと、メーター内の燃費計は20km/lという数字に。参考までに書いておくと、JC08モード燃費は19.1km/Lですよ。それを超えちゃってます。

もちろん、交通環境が速度が低すぎず速すぎずの程よい流れだったことは大きいでしょう。首都高なので信号による停車&発進がなかったのも事実です。とはいえこの日の首都高は年度末による混雑で完全停止するような状況もあり、燃費にとっては最善の環境ではありませんでした。なのにこの燃費です。凄いなあ。

走行モードは標準で「エコモード」にはしていません。特別なエコランだってしていないのに。

走り始めてから43km先にある、最初の目的地までの燃費は18.9km/L。優れた燃費は瞬間的なものではありませんでした。

こうなったら、帰り道も燃費が気になります。省燃費運転テクニックを駆使して燃費チャレンジをすればもっと数字はよくなるでしょうけれど、それでは意味がありません。エコモードも使いませんでした。

そして92キロ走って出た燃費は……。

なんと平均19.6km/L。もういちど言っておきますが、これはハイブリッドでもディーゼルでもありません。1.2Lターボのガソリンエンジンです。凄いですね。

ちなみに、パサートのディーゼルではこんな記録も出ましたがそれはまた次の機会に。

(工藤貴宏)

実燃費で20km/Lを表示! ゴルフ普通のガソリンエンジンがハイブリッド並み!! では、パサートディーゼルは?(http://clicccar.com/2018/03/25/571596/)

【関連記事】【新型VWポロ・試乗】視界良好&エッジあるデザインで、運転時にボディサイズ拡大は気になりません【中古車】VWの人気モデル、ポロ・ゴルフ・パサートの中古車は上級グレード狙い目!【新車】身長190cmのサッシャさんも大きくなった新型・VW ポロなら快適!?