【ニューヨーク国際自動車ショー2018】SUBARU新型フォレスター、キープコンセプトながらSGPを採用しすべてが新しくなって登場

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】SUBARU新型フォレスター、キープコンセプトながらSGPを採用しすべてが新しくなって登場

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】SUBARU新型フォレスター、キープコンセプトながらSGPを採用しすべてが新しくなって登場の画像

SUBARUで一番売れている車種は何だと思いますか? 実はフォレスターなんだそうです。

日本ではそのデビューから、SUVらしい少し高めの車高ながら、ターボモデルの速さがキャラとしては目立ってしまってなんとなく「異端のSUV」みたいなイメージもあったもので、SUBARUで一番売れているというのは意外にも思えます。

しかし、今回5代目(北米仕様)が発表となったわけですが、その間に本格的なSUVブームもあり、着実に台数を伸ばしてきたのがフォレスターだったのです。北米でこそアウトバックが売れ行きナンバーワン、次いでフォレスターとなりますが、世界販売ではそれが逆転し、グローバル最量販車種はフォレスターとなるのです。

その人気は北米でも感じられ、ニューヨーク国際自動車ショーのプレスカンファレンスでは、大手メーカーと比べるとけして大きくないブースは人で溢れかえり、発表後も写真を撮る人でごった返しがしばらく続きます。

写真で見るとかなりのキープコンセプトデザイン、ひょっとするとほとんど4代目と変わらないのかもと思いがちですが、実際目の当たりにすると、その面の使い方などかなり違っていて、まったく別物であることが明らかにわかります。特にリヤフェンダーの上部から前方へかけての流れはまったく別物です。

今回出展されたのはスポーティ系と標準系の2種類。スポーティ系はオレンジのラインが差し色として使われ、標準系は上級グレードの場合、シルバーの加飾が高級感を与えます。インテリアもスポーティ系は黒を基調としてやはりオレンジのアクセント。標準系は今回ブラウンの落ち着いていながら明るい内装が印象的です。

そして、写真ではわからないのがそのサイズ。「5代目は大きくなるのでは?」と日本市場においては懸念すらあったわけですが、蓋を開けてみるとほぼ同サイズであることがわかりました。

全長×全幅×全高は、4625×1815×1730mmで現行モデルの4610×1795×1715mmから全長はマイナス15mm、全幅はプラス20mm、全高はルーフレール非装着の場合同じ1715mmとなるそうです。ホイールベースはSGPを採用して2670mmとなっており、現行の2640mmから3cm伸ばされており、室内空間の拡大にも貢献しています。

なお、最低地上高は220mmと変わりません。

SUBARUの屋台骨としてそのコンセプトは揺るぎないしっかりと地に足を据えた不変さながら、SGPの採用によるまったく新たな車両として開発された5代目フォレスター。日本での発売は夏前後と予想されています。

<新型フォレスター(北米仕様)spec>
全長×全幅×全高 4625×1815×1730(1715ルーフレール除く)mm
ホイールベース 2670mm
最低地上高 220mm
エンジン FA25型2.5L水平対向4気筒DOHC16バルブAVCS直噴
排気量 2498cc
ボア×ストローク 94×90mm
最高出力 182hp/5800rpm
最大トルク 176lb-ft/4400rpm
燃料タンク容量 63L
燃料種類 87AKI(レギュラー相当)
トランスミッション リニアトロニック
駆動方式 シンメトリカルAWD
タイヤサイズ 225/60R17(標準)225/55R18(上級グレード)
乗車定員 5名

(clicccar編集長 小林 和久)

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】SUBARU新型フォレスター、キープコンセプトながらSGPを採用しすべてが新しくなって登場(http://clicccar.com/2018/03/29/572143/)

【関連記事】【ニューヨーク国際自動車ショー2018】新しくなったX-MODEはどこが変わった?【ニューヨーク国際自動車ショー2018】5代目新型フォレスターの気になる装備「ドライバーモニタリングシステム」とは?新型フォレスター登場直前!歴代モデルをマニアックに振り返る