「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由

「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由

「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由の画像

工業製品にかぎらず、ユーザーニーズを満たすためのプロダクトは世にあふれています。

流行製品なら勢いで購入するのもいいかもしれませんが、少なくとも数年は家族と生活を共にする自家用車は「自分にとって何が必要か」をしっかりと見極めたうえで選びたいものです。

ファミリーユーザーのライフスタイルにしっかりと寄り添い作られるミドルサイズのミニバンは、まさにニッポンのど真ん中。「いいものを買ったな」と大満足で過ごす数年と、どこかを妥協してしまったばかりに残念な気持ちで過ごす数年とでは、雲泥の差です。

日産セレナはご存知のとおりミドルサイズミニバンの人気車です。基本性能に優れているのはもちろん、最近ではe-POWERグレードの追加により新時代を感じさせる乗り味と好燃費を手に入れ話題です。

ただヒット作の宿命として少し残念な面もあります。それは、街にあふれ過ぎていること。ショッピングモール駐車場や高速道路PA・SAで毎度のように聞かれる「パパのクルマどこだっけ?」に辟易する声もまた多数なのです。

大切な家族を運ぶミニバンに、存在感をトッピングしたい。そんな声に応えるべくオーテックジャパンが用意したのが「セレナ AUTECH」という魅力です。

もともと日産にはピュアスポーツを標榜する「NISMO」ブランドが存在しますが、「AUTECH」は尖ったスポーツ性を前面には押し出していません。クルマに精通したミドルエイジも満足できるプレミアム感の演出と、30年超の特装車作りの歴史で培ったクラフトマンシップ(職人魂)を注入したクルマ作りを旗印にスタートした新ブランドなのです。

さて今回clicccarではこのセレナ AUTECHの中でも、パフォーマンス向上パーツを追加した「SPORTS SPEC」という上級モデルをチェックする機会がありましたのでご報告しますね。

株式会社オーテックジャパン企画担当・宮下英哉さんによれば「コンマ1秒を削るための足回りやデザインではなく、例えば欧州ブランドのように所有するオーナーの満足感をめざしました」とのこと。いまどきの華美すぎるカスタマイズではなく、上質なデザインでありながらも個性を感じさせる、渋めのアプローチであることがわかります。

フロントバンパーは、既存のハイウェイスターをベースとしながら、アンダーには艶をあえて控えめにしたメタル調のプロテクターを追加し、アダルトな雰囲気を演出しています。またサイドステップ、リヤアンダーにも同様にプロテクターが配されます。グリルは、これより先のオーテックシリーズにも採用される共通アイコン、ドット風デザインを与えられています。

インテリアの出色は、このSPORTS SPECとSafety Package(4WD)のみが追加装備可能な「AUTECH専用本革インテリア」です。

この本革シートはMクラスミニバンでは唯一、このセレナ AUTECHだけが用意している装備です。ちなみにシートステッチなど随所に配されているブルーは新生オーテックブランドのイメージカラーです。そのルーツは初代社長、桜井眞一郎氏が同社のR31スカイラインなどの初期カスタムカーへと与えたエンブレムの色がベースとなっているという、ファンにとってはたまらない逸話もあります。「他に鮮やかなブルー色も試したのですが、どうしてもプレミアム感に欠ける。現仕様に落ち着くまで何度もやり直しました」(宮下さん)という、こだわりのカラーチョイスなのです。

実際に試乗してみます。SPORTS SPECの専用チューニングコンピュータや専用VDCなどによるセッティングにより、その走りはクラスレスな気持ちよさです。高速道路本線への合流などでステアリングを切りながらの強い加速が必要とされる場面でも、踏めば即応える立ち上がりと、専用補強が加わったボディ&スポーツサスによるカッチリとしたスタビリティは言うなれば「ドライバーズ・ミニバン」。

信号待ちなどでふと目に入るインパネのレザー調パッドの品質にも、思わずにんまりです。

オプションも多彩に用意されています。専用のフロアカーペットやラゲッジカーペット、エントランスプレートなど、こちらにもまたさりげなくブルーがあしらわれています。人気のボディカラーは、上位は他車と同様にホワイト系、ブラック系が占めているようですが、次点にはオーテックブランドのコミュニケーションカラー「シャイニングブルー」がランクイン。はやくもこのコミュニケーションカラーが定着しているようです。

なお、このセレナ AUTECHシリーズの購入はベース車両とまったく変わらぬ条件(保証等)で全国の日産販売店にて購入することができます。販売店で用意しているオートローンを使うこともできますし、月々の支払い額を抑えることができる残価設定型クレジットも使うことができます。「AUTECHのカスタムカーは中古車市場でも人気がありリセールが良いんです」(宮下さん)とのことなので、リセールバリューの面でもプレミアムなのがセレナ AUTECHなのです。

https://youtu.be/aaJZofyq8wI

・撮影車両の主要スペック
日産セレナ AUTECH SPORTS SPEC

全長×全幅×全高:4810×1740×1850mm
車両重量:1740kg
価格:356万7240円
※専用本革インテリア(19万9800円)等のオプション除く

(文/Kaizee 写真/前田惠介 動画/ウナ丼)

【関連URL】セレナ AUTECH

https://www.autech.co.jp/sv/serena_autech/index.html

「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由(http://clicccar.com/2018/03/30/572157/)

【関連記事】他のSUVでは味わえない走りで人気の、特別仕様車「ノート シーギア」ってこんなクルマ【日産・セレナe-POWER試乗】静かで気持ちいい加速を得られるe-POWER、ただし価格もちょっと高めで悩ましい【日産・セレナ e-POWER試乗】e-Pedalで意外なほどにスポーティに走れてしまうセレナe-POWER