【ニューヨーク国際自動車ショー2018】新型・日産 アルティマ(日本名ティアナ)が世界デビュー

最新の日産フェイス「Vモーショングリル」が目を惹く新型アルティマがワールドプレミアしました。世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」を含む2つの新型エンジン、「インテリジェント4×4」など技術面の見どころが満載です。

コンセプトカー「Vmotion 2.0」からインスピレーションを得たという新型「アルティマ」は、従来型よりも低重心でワイドなスタンスと、ダイナミックになったプロポーションが特徴。新型プラットフォームと、2種類の新型エンジンレイアウトにより実現したフォルムとしています。

インフィニティQX50にも搭載される可変圧縮比ターボエンジンは、量産型では世界初となる2.0L直列4気筒の「VCターボ」で、V6ガソリンエンジンと並ぶ動力性能を発揮しながら、4気筒エンジンと同等の低燃費を実現するとしています。

ピストンの上死点の位置をシームレスに変化させることが可能で、圧縮比は8:1(高性能)から14:1(高効率)の間で自在に変えることが可能。燃料消費量と排出ガスの大幅な削減、騒音や振動レベルの低減など、多くの利点がある上に、既存のエンジンに比べ軽量かつコンパクト。最大出力は248馬力、最大トルクは273lb-ft(プレミアムガソリン)で、「VCターボ」エンジンは日本で生産されます。

もう一つの直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴エンジンは、最高出力188馬力、最大トルク180lb-ftで、エンジン部品の80%以上が新しい部品もしくは新設計の部品になっているそう。

アルティマ初の4WDシステム「インテリジェント4×4」は、新型2.5Lエンジン搭載車に設定され、北米の北部地域におけるアルティマの販売台数の中で、大きなシェアを占めると見込まれています。

同システムは、トルクスプリット制御システムが採用され、道路や走行条件に合わせて自動的にトルクを前後輪へ分配(100:0〜50:50)。また、LSD(リミテッドスリップデフ)やヒルスタートアシストと連携して制御することで、坂道発進や悪路走行時の安全性を確保できるとしています。

新型アルティマ(2019年モデル)は、今秋に米国で販売が開始され、今後数年間で、世界の多くの市場で発売する予定とのことです。

(塚田勝弘)

【ニューヨーク国際自動車ショー2018】新型・日産 アルティマ(日本名ティアナ)が世界デビュー(http://clicccar.com/2018/03/29/573233/)

【関連記事】日産自動車がリーフの使用済みバッテリーを再製品化。気になるバッテリー価格や工賃は?【ニューヨーク国際自動車ショー2018】最高速度290km/h!のAMG「C63クーペ」登場ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー発表!日本車ではマツダCX-5がベストスリーに!!【ニューヨーク国際自動車ショー2018】