今年の見どころ、変わった点は? 事務局長インタビュー・前編【バンコク・モーターショー2018】

今年の見どころ、変わった点は? 事務局長インタビュー・前編【バンコク・モーターショー2018】

今年の見どころ、変わった点は? 事務局長インタビュー・前編【バンコク・モーターショー2018】の画像

バンコク近郊のノンタブリー県にあるコンベンションセンター、インパクトにて「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」が開催されている。一般公開に先立つVIPディにて、モーターショー事務局長のジャトロン・コモリミス氏のインタビューが叶った。

── 現在のタイのモータリゼーションについて教えて下さい。

「今年のモーターショーのテーマはレボリューション・イン・モーションです。日本もそうでしょうが、今クルマ社会は大きな変革期を迎えています。クルマはますますどこにでも自由にいける道具になってきています。運転しながら電話も仕事もできるようになるでしょう。この3〜4年での進化具合は目を見張るものがあります。私が子供のころ、アニメーションやマンガではクルマが空を飛んでいました。ホイールのないクルマも出てきました。そうした想像の世界が現実になろうとしています。将来が今になってきたのが、まさにこのタイミングなのでしょう」

── 今年のバンコクモーターショーの見所はどこでしょう?

「今年はBMW X2の右ハンドルモデルが登場します。また、メルセデスベンツも同じくCLSの右ハンドルを展示します。マツダはCX-5をトヨタはC-HRというSUVのタイへの正式導入を発表します。タイではSUVはファッション以上の価値があるクルマです。また富裕層向けとしてはロールス・ロイスの新型ファントム、アストンマーチンの新型バンテージなども登場。今まで並行輸入のみだった日産GT-Rも正規輸入が開始されます。バンコクショーはトレードショーですが、コンセプトカーの三菱のeXコンセプトも展示されます」

── 今年は昨年と何か違うところはありますか?

「ショーに対する投資額は昨年と同様です。全体としての規模も同じですが、アクセサリー系が40%減となりました。アクセサリー系はソーシャルメディアでの販売が伸びていて、ショーに出なくても物が売れているようです。ここには時代の変化を感じますね。その減った分、BMWや日産、アウディなどのブース面積が増えています」

(文・写真:諸星陽一)

今年の見どころ、変わった点は? 事務局長インタビュー・前編【バンコク・モーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/04/04/574440/)

【関連記事】BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】KIAは世界で注目されているマッスルセダンのスティンガーを中心に展示【バンコク・モーターショー2018】メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】