いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】

いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】

いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】の画像

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのいすゞの出展の様子です。

いすゞは日本ではパーソナルユースのモデルから撤退してしまっていますが、海外ではピックアップトラックやSUVなどパーソナルユースのモデルを展開しています。とくにタイには生産工場があることもあり、ピックアップトラックやSUVが高い人気を誇っています。

タイでのシェアも、乗用や乗用+商用ではトヨタが第1位となっていますが、1トンピックアップトラックではいすゞとトヨタが1位を争うほどのシェアとなっています。

今回のバンコクモーターショーでもピックアップトラックのD-MAXと、SUVのMu-Xを展示しました。D-MAX、Mu-Xともに3リットルと1.9リットルのディーゼルエンジンモデルを設定。高い走破性はもとより、優れた経済性も備えたことで多くのユーザーに支持されているということです。

(文・写真:諸星陽一)

いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/04/03/574794/)

【関連記事】日本車の高いシェアは今後も続く? 事務局長インタビュー・前編【バンコク・モーターショー2018】すべてをソウルレッドで統一し、ブランドイメージを訴求するマツダ【バンコク・モーターショー2018】【第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー】今年の見どころ、変わった点は? 事務局長インタビュー・前編