日本からは撤退してしまったフォード、タイではピックアップ、SUVとコンパクトを販売中【バンコク・モーターショー2018】

日本からは撤退してしまったフォード、タイではピックアップ、SUVとコンパクトを販売中【バンコク・モーターショー2018】

日本からは撤退してしまったフォード、タイではピックアップ、SUVとコンパクトを販売中【バンコク・モーターショー2018】の画像

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのフォードの出展の様子です。

2016年に突然日本から撤退してしまったフォードですが、南国タイでは元気に多くのグレードを展開していました。アメリカのビッグ3はコンパクトカーからフルサイズバンまでさまざまなタイプのクルマを製造していますが、なかでもミドルサイズのピックアップトラックやSUVはタイでも高い人気を誇っています。そうした環境のなかでフォードは実際にタイ国内で販売しているモデルを展示しました。

なかでも注目なのが2018年のデトロイトショーで登場したミドルサイズ・ピックアップ「レンジャー」の右ハンドル仕様。レンジャーの生産工場はタイ国内にも存在しているため、比較的リーズナブルな価格設定となっています。もっともベーシックな2.2リットルディーゼルエンジン搭載の2WDモデルは55万9000バーツ(約190万円)となっています。

エベレストは北米には投入されていないT6というピックアップをベースとしたSUVで、2.2リットルと3.2リットルのディーゼルモデルが用意されています。スターティングプライスは138万9000バーツ(約480万円)とピックアップと比べると一気に上昇します。もう少しリーズナブルなSUVとして設定されているのが、エコスポーツで、こちらのスターティングプライスは67万4000バーツ(約230万円)となります。

コンパクトモデルでは1.5リットルエンジンを積むフォーカスとフィエスタが販売されています。フィエスタは64万4000バーツ(約220万円)からという価格ですが、フォーカスは109万9000バーツ(約380万円)からとなります。

(文・写真:諸星陽一)

日本からは撤退してしまったフォード、タイではピックアップ、SUVとコンパクトを販売中【バンコク・モーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/04/06/574941/)

【関連記事】BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】KIAは世界で注目されているマッスルセダンのスティンガーを中心に展示【バンコク・モーターショー2018】メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】