BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】

BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】

BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】の画像

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのBMWの出展の様子です。

今回のバンコクモーターショーでBMWはX2に相当の力を入れていました。BMWはタイ国内に工場があることで非常に近しい存在としてユーザーに受け入れられています。BMWの展示ブースの隣にはMINIの展示ブースも設けられ、2ブランドでかなりの広さを確保、

正確にはわかりませんがガイドブックの配置図を見る限り、トヨタ、メルセデスベンツと同等の大きさで、いずれも1番大きいという印象でした。

今回のBMWの出典のなかでなんといっても注目を浴びていたのがX2の右ハンドル仕様がワールドプレミアされたことです。タイで開催されるモーターショーでは右ハンドル仕様車がワールドプレミアされることが多いのです。

タイ国内で発売されるBMW X2には3種のエンジンが用意されます。20iはガソリン4気筒の2リットルで、192馬力/280Nm、20dはディーゼル4気筒の2リットルで190馬力/400Nm、25dはディーゼル4気筒の2リットルで231馬力/450Nmのスペックとなっています。駆動方式はいずれもXドライブの4WDです。

(文・写真:諸星陽一)

BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/04/05/575442/)

【関連記事】KIAは世界で注目されているマッスルセダンのスティンガーを中心に展示【バンコク・モーターショー2018】メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】スバルは2019年の現地生産を前に少し控えめ(?)なブース展開【バンコク・モーターショー2018】