メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】

メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】

メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】の画像

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのヒュンダイの出展の様子です。

日本からは撤退して久しいヒュンダイですが、世界的にはしっかりしたマーケットシェアを確保しています。またWRCの活動などからも見られるようにモータースポーツにも積極に取り組んでいて、勢いがあるメーカーとして知られています。

今回のバンコクモーターショーではメインステージにアイオニックと呼ばれるモデルが展示されました。アイオニックはEV、ハイブリッド、プラグインハイブリッドの3バージョンのパワーユニットが用意されています。タイで販売されるのはこのうちのEVです。

メインステージに向かって縦長のスペースが用意された今回のヒュンダイのブースは、左右にミニバンのH1がずらりと並びました。メインステージでは近未来的なハイテクモデルをおいて、実際には売れ線のミニバンを展示するという手法です。

日本でミニバンといえば、大きくてもアルファード、ヴェルファイアクラスで、シート配列は3列となりますが、H1は4列シートで最大11名が乗車することができます。価格もリーズナブルでもっともベーシックなツーリングは128万9000バーツ(約440万円)です。アルファードの場合はベーシックモデルで374万7000バーツ(約1275万円)、最上級のVIPだと538万2000バーツ(約1830万円)にもなります。

(諸星陽一)

メインステージ脇の通路に売れ筋ミニバンのH1をずらりと展示したヒュンダイ【バンコク・モーターショー2018】(http://clicccar.com/2018/04/05/575690/)

【関連記事】BMWがX2の右ハンドル仕様をワールドプレミア【バンコク・モーターショー2018】KIAは世界で注目されているマッスルセダンのスティンガーを中心に展示【バンコク・モーターショー2018】スバルは2019年の現地生産を前に少し控えめ(?)なブース展開【バンコク・モーターショー2018】