【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】新しいプラットフォームを採用し、日本車のようにきめ細かく使い勝手を追求した意欲的な一台

【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】新しいプラットフォームを採用し、日本車のようにきめ細かく使い勝手を追求した意欲的な一台

【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】新しいプラットフォームを採用し、日本車のようにきめ細かく使い勝手を追求した意欲的な一台の画像

新しいプラットフォームCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を用いた最初のモデル、ボルボ・XC40が発表され、試乗会が開催されました。

XC40はボルボとしては初のコンパクトSUVとなります。ついこの前までは90シリーズ、60シリーズを矢継ぎ早に発表していたボルボですが、今後はこのCMAを使った40シリーズのさまざまなバリエーションが登場してくることになります。

コンパクトといっても全長×全幅×全高は4425×1875×1660mmと、全幅はしっかりと広く堂々としたスタイルを実現しています。彫りの深い面と、ヘッドライトに施されたトールハンマーのシルエットが新しいボルボであることを主張しています。

今回発表されたXC40は、まるで(いい意味で)日本の軽自動車のように使い勝手のよさを追求しています。

たとえば、フロアコンソールにはティッシュボックスが入るスペースが用意されていますし、スマートフォンの充電を前提としたスペースもあります。この充電スペースは非接触充電も可能です。さらにドアからはスピーカーを排除し、ノートPCなどが入るサイズとしています。

ラゲッジルームは定員乗車状態で460リットルの容量を確保。リヤゲート側からリヤシートバックを倒すことができ、フルラゲッジでは1336リットルを実現しています。トノボードの床下収納やフロアボードを立てた際にフックを展開できるなど、広さだけではない実用的な使い勝手も大幅に向上されています。

(文・写真:諸星陽一)

【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】新しいプラットフォームを採用し、日本車のようにきめ細かく使い勝手を追求した意欲的な一台(http://clicccar.com/2018/04/12/576468/)

【関連記事】ヒット作のスケールダウンモデルは作らない! チーフデザイナーが語る、ボルボ・XC40の独自性とは?【新車試乗テスト】優れた燃費性能を発揮! VW・パサートTDIは東京〜名古屋を往復してもまだ400km走行可能日本車顔負けの普段使いに対する細やかな配慮。ボルボ・XC40はドライバー目線でのインテリア設計