グッドイヤーのSUV系オールシーズンタイヤ「アシュアランス・ウェザーレディ」をスノー試乗

グッドイヤーのSUV系オールシーズンタイヤ「アシュアランス・ウェザーレディ」をスノー試乗

グッドイヤーのSUV系オールシーズンタイヤ「アシュアランス・ウェザーレディ」をスノー試乗の画像

■人気のベクター4シーズンの次に導入されたSUV用オールシーズン
ここ数年、タイヤショップやカー用品店で注目の製品となっている、オールシーズンタイヤ。

そうしたオールシーズンタイヤ・ブームの火付け役になったのがグッドイヤーの「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド」です。次いで発売されたのが今回試乗した「アシュアランス・ウェザーレディ」です。

「アシュアランス・ウェザーレディ」については、すでにドライ路面とウエット路面での試乗は行っています。ドライ路面、ウエット路面のどちらでもサマータイヤに匹敵するだけの性能を持っていることは確認済みです。

サマータイヤとして十分に使えるだけのポテンシャルを備えた「アシュアランス・ウェザーレディ」のスノー性能はどれくらいのものなのか? 福島県のグランデコスキー場の駐車場でその性能を確認する試乗会に参加しました。

試乗車として用意されたのはトヨタのRAV4です。路面状況ははっきりいっていいものではありませんでした。雪といっても圧雪ではなく、シャーベット状のグチャグチャで、ところにより泥混じりで、アイス路面はなしという感じです。

しかし、この悪い路面はタイヤの実力を知るにはいい機会といえばいい機会です。路面が安定しない(走行ごとにワダチが深くなるなど)ので、横並びの比較試乗には向きませんが、厳しい路面であることにはかわりません。

試乗車のアクセルをゆっくり踏んでいくと、積雪路面とは感じないしっかりとした発進ができます。このゆっくりは雪を意識してゆっくりではなく、普通に発進するといったレベルのゆっくりさです。強めのアクセル操作での発進では、タイヤがスリップしてトラクションコントロールが作動します。

つまり、普通に走るなら問題なしということです。

試乗コースには低速スラローム(20km/h程度)、高速スラローム(40km/h程度)、ダブルレーンチェンジなどに加えて、ヘアピンカーブなども用意されていました。どのセクションでも必要十分なしっかりとしたグリップを発揮してくれます。パイロンに向かってブレーキを踏んでいくと十分な減速感を発生します。その状態でステアリングを切り込むと、ノーズがスッとインを向きます。

スタッドレスタイヤ(アイスナビSUV)と比べても、とくに不満はありません。明らかな違いは感じることはなく、不安感もありません。ステアリング操作に対して大幅な動作遅れなどなく、雪道での使用は十分に対応するでしょう。

すでに確認できているドライ、ウエットに加えて、スノー路面も十分な性能が確認できました。あとはアイスバーンなどの路面となりますが、オールシーズンタイヤである「アシュアランス・ウェザーレディ」は、非降雪地帯を中心に使用することになるタイヤです。

深刻なアイスバーンが発生するような地域ではスタッドレスタイヤを使用することが大切ですし、オールシーズンタイヤでも布製タイヤチェーンなどは携行しておくべきです。そうした前提で、「アシュアランス・ウェザーレディ」は使えるタイヤで“アリ”といえます。

(文・諸星陽一/写真・角田伸幸、諸星陽一)

【関連リンク】

・知らずに乗れば夏タイヤ?「グッドイヤー アシュアランス・ウェザーレディ」はサマータイヤ並のドライ性能を発揮【GOOD YEAR Assurance WeatherReady公道試乗】
https://clicccar.com/2019/04/08/734432/

・「グッドイヤー アシュアランス・ウェザーレディ」はサマータイヤに近いウェット性能を確認!【GOODYEAR Assurance WeatherReadyテストコース試乗】
https://clicccar.com/2019/04/08/734458/

グッドイヤーのSUV系オールシーズンタイヤ「アシュアランス・ウェザーレディ」をスノー試乗(http://clicccar.com/2020/02/27/957386/)

【関連記事】